グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(1)爆裂バスト編1位〜7位…天木じゅんの超絶ボディが進化

5月4日(木)17時58分 アサ芸プラス

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 何はなくとも、Gカップ以上のとんでもない膨らみがあれば、ゴハンの3杯は軽くいけます。そんな爆裂バスト好きのための一大博覧会!

1位・天木じゅん(148センチ B95・W57・H83)

もはや2次元なのか、リアルな3次元なのか見分けがつかないほど、ますます進化していく超絶ボディ。ついには実姉・黒田絢子までグラビアデビューするという波及効果を呼んだ。

2位・柳瀬早紀(153センチ B100・W65・H89)

やなパイや、嗚呼やなパイや、やなパイや。肩幅よりもチチ幅がデカい「乳神様」は、このところめっきり美貌にも磨きをかけてきた。

3位・青山ひかる(154センチ B95・W59・H90)

「有吉反省会」では、なぜか「お尻が汚いアイドル」としてプチブレイク。その箇所を除けば、全身のバランスは神々しいレベル。

4位・忍野さら(164センチ B91・W57・H81)

昨年度のグラビア界・最優秀新人賞は、DVDバカ売れの「女子大生Gカップ」で文句なし。上品な顔立ちで表紙クイーンの座も間近。

5位・葉加瀬マイ(170センチ B93・W60・H90)

しばらくの休業期間を経て再起動すると、そのダイナミックな肢体がさらにパワーアップ。三十路を迎えても、現役感はピカイチ。

6位・片山萌美(170センチ B91・W59・H87)

彗星のごとく現れた美体の女優は、1月に驚きのシースルー写真集を発売。早すぎる展開に、今後、どこまで脱ぐのかと期待大。

7位・岸明日香(158センチ B90・W58・H90)

福本伸行原作の初ドラマ化「銀と金」では、バストを揉まれまくるOLを熱演。着衣ではあったが、その重量感は十分に伝わってきた。

アサ芸プラス

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ