【キャラペディアンサー】魔界の皇宮に住まう麗しき三人の皇子『華麗皇子』!引きこもりのニート皇子「八神仁(次男)」の場合。

5月4日(月)14時24分 キャラペディア

引きこもりのニート皇子「八神仁(『華麗皇子』次男)」

写真を拡大

 アニメ漫画好きのタレント、アーティスト、芸人、声優・・・、それぞれの好きなアニメ、漫画、キャラクターの「BEST3」を答えて頂く『キャラペディアンサー』。第2回目のゲストは、魔界の皇宮に住まう麗しき三人の皇子『華麗皇子』次男、引きこもりのニート皇子こと「八神仁(やがみじん)」さんです。


八神仁が自身のランキング予想をはずし落胆・・・!?【キャラぺろ31回】


■好きなアニメ・漫画作品のベスト3をそれぞれ教えて頂けますか?

1位:『妖怪ウォッチ』

 ゲームも面白いのですが、何と言っても妖怪の愛らしさ!日常でよくある出来事は、この妖怪のせいだったのか〜と思うと、日々楽しくなります。大人も楽しめるギャグが多く、クセになる音楽やBGMにとても癒されます。

2位:『七つの大罪』

 全員がものすごく強いキャラクターで、とても魅力を感じました!個性もバラバラで、1人1人の過去も涙無しでは見られませんでした。ギャグ要素も多く、ハラハラドキドキな展開がすごく好きです。

3位:『SKET DANCE』

 数あるギャグ漫画の中で、こんなにも素敵な漫画はないと思います。ギャグのテンポの良さに加え、色々な困難を知恵と友情で乗り越えていく、そんなキャラクターの成長が読者の心を掴んでいたのだと思います。


■好きなアニメ・漫画キャラクターのベスト3をそれぞれ教えて頂けますか?

1位:『孫悟飯(ドラゴンボール)』

 尊敬しております。小さい頃は泣き虫だった悟飯が師匠の教えによりたくましく成長し、とても強く、格好良くなった姿に感動しました。青年期にはグレートサイヤマンとして自分の身を隠しながら、正義のヒーローとなっている姿にも心打たれました。

2位:『ジークハルト・シーザー(RAVE)』

 男の中の男とはジークハルトだと思いました!好きな女性の幸せのために、自分の全てを犠牲にして最後まで約束を守りぬいた、本当に格好良すぎる男です。

3位:『殺せんせー(暗殺教室)』

 見た目は不思議ですが、表情で色が変わる顔がとても可愛いです!頭もよく何でもできてしまうけど、甘いものに目が無い所や、少し抜けている所がすごくお茶目で大好きです。素直な所と手入れの素晴らしさは尊敬です。


■アニメ・漫画キャラで作る理想の生徒会!誰に投票しますか?

1位:赤司征十郎(黒子のバスケ)
2位:奈良シカマル(NARUTO)
3位:坂田銀時(銀魂)

 頭が良いキャラで1位・2位を選びました。きっと的確な指示で的を得た答えをくれそうです。3位は面白さ、学校に行きたくなるようなキャラクターを選びました。


■今まで見たアニメ・漫画の中で、特に印象的だったセリフはありますか?

 『鋼の錬金術師』主人公の「エドワード・エルリック」が、幼馴染である「ウィンリィ」に告白するセリフ「等価交換だ!オレの人生半分やるからお前の人生半分くれ!」が、とても印象に残っています。女の子でもある「ウィンリィ」よりも背が小さく、子供のようにあしらわれていた「エド」が成長し、「ウィンリィ」より大きくなった格好良い姿で素敵な告白をするシーンはすごく感動的でした。


■今、放送中のアニメ作品でお薦めの作品はありますか?

 『終わりのセラフ』です。アニメーション、BGM、ストーリー展開など、原作の頃からのファンにも申し分なく、1話から心を掴まれる人が多いと思います。キャラクターも個性があり、舞台となっている世界も現実と同じ地名で渋谷などの都心が出てきますが、現実とはまったく違った有様になっています。今年の10月からのアニメ放送も決まっていることから、見逃すのが惜しいアニメだと思います。


■最後に読者の皆様へ一言!

 魔界より、姫を探しに人間界へ舞い降りた三人の華麗なる皇子・・・の次男・・・八神仁です。引きこもりニートでコミュ症・・・でもやるときは・・・やる!ゆくゆくは姫を見つけて一緒に引きこもりたいです・・・。


 というわけで、キャラペディア公式動画番組『キャラぺろ』(4月30日放送回)にもゲストで出演して頂いた『華麗皇子』の次男「八神仁(やがみじん)」さん。『アニメ・漫画キャラで作る理想の生徒会』では、ご自身の選ばれた「赤司征十郎(黒子のバスケ)」が惜しくも3位という結果に少し残念そうでしたが、番組はとても盛り上がりました。ご興味のある方はぜひキャラペディアにてアーカイブをご視聴下さい。以上、『華麗皇子』の次男「八神仁(やがみじん)」さんの『キャラペディアンサー』でした。

キャラペディア

引きこもりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ