「出会いのチャンスがない」人に 鈴木おさむがアドバイス

5月4日(水)14時50分 J-CASTニュース

   放送作家の鈴木おさむが2011年5月4日のブログで、出会いの「秘訣」を語っている。



   先日、誕生会を開いてくれたお笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカとは大親友。タカとの出会いは「タカアンドトシ」がブレークする前、彼らのマネージャーが「ライブを手伝って欲しい」と言われたのがきっかけだ。



   その時、2人を知ってはいたものの、会ったことはなかったし、別の仕事でスケジュールも大変で、断ろうかと思っていた。ところが妻に話したら、「断る前に、絶対一回会って話したほうがいいと思う」と言われ、実際に会ってみると、すぐに意気投合した。



「漫才のネタは漫才師である彼らが考えるものです。でも、ライブ全体のパッケージと、あと、その中でどんな漫才を見たいか?を言ったら、2人はどんどん形にしてくるのです」


   結果、ライブは大成功し映像化もされた。以来2人とは、何度も仕事を一緒にしているし、タカとはプライベートでも仲がいい。



「あの時、もし、会わずに断ってたら、この出会いはなかったんですよね」


   よく、彼氏ができない、出会いのチャンスがないと聞かされるが、鈴木は「そういう人って、結構、自分から出会いのチャンスを断ってる」。飲み会に誘われても「面倒だな」「知ってる人少ないしな」と思いがちだが、面白い出会いがあるかもしれない。「とりあえず行く。とりあえず会う」とアドバイスしている。

J-CASTニュース

出会いをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ