岡本夏生がふかわりょうにキレた本当の理由!『5時に夢中!』降板の裏で大手芸能プロの圧力が?

5月4日(水)18時0分 LITERA

「岡本夏生オフィシャルブログ「人生ガチンコすぎるわよ!」Powered by Ameba」より

写真を拡大

 最近、岡本夏生をめぐる騒動がなぜか芸能マスコミを賑わせている。一昨日は『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、昨日は『ノンストップ』(フジテレビ)も取り上げた。


 たしかに、この元祖レースクイーンは次々と騒動を巻き起こしている。まず、3月にレギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を突然、降板。続いて、4月11日、同番組のMCを務めるふかわりょうとのイベントでは、直前に連絡がとれなくなって失踪騒動に発展した。結局、当日になって岡本は姿を見せたのだが、このイベント中にふかわと大げんかし、その後に"テレビ引退"を宣言──。そして、5月2日になって、今度は騒動への謝罪として「ガチワビ」なるイベントを開催したのだが、ここでも、土下座して観客に謝罪した上、ふかわへの不満をぶちまけた。


 ワイドショーやネットニュースを見た人たちは、おそらく、お騒がせタレントが注目を浴びたいがために取っているひとり相撲、というふうにとらえたかもしれない。実際、岡本のことを取り上げた各番組は、明らかに暴走タレントの珍行動として、面白がっているフシがありありだった。


 しかし、今回の騒動にはもっと根深い問題がある。それは、芸能界の掟に支配されているテレビ局の問題だ。


 実は、岡本がふかわとのイベント直前に連絡をとらなくなり、しかもイベントでふかわに感情的になった根本的な原因は、やはり『5時に夢中!』降板にあった。


『5時に夢中!』は、マツコ・デラックスや岩井志麻子などマニアックな人選、かつ、夕方の番組とは到底思えない下ネタが満載。「言論の自由」を掲げるタブーなき情報番組として一部熱狂的ファンが存在する特異な番組だ。コメンテーターの岡本はその代表的な存在で、所属事務所のない自由さから、問題発言を連発していた。そして、ふかわりょうはこの番組の司会者という関係だった。


 ところが、岡本が3月8日の放送でインフルエンザに感染したままテレビに出演していたと発言したことで、批判が殺到。急遽岡本の降板が決まったのである。


 岡本の降板は最後の出演となった3月29日の放映でふかわがいきなり発表。これを受けて、岡本が「インフルエンザの後、診断書もないままテレビに出てしまった。佐々木健介さんはじめ、すべての演者、スタッフの皆様にとても御心配をおかけしました」とし、「深く反省し、今日限りで番組を降りることになりました。今までありがとうございました」と謝罪した。


 しかし、岡本自身はインフルエンザは口実にすぎず、降板に追い込まれたのは、別の理由があるのではないかと見ているようなのだ。


「あの最後の謝罪の場面でも、岡本の表情はかなり不服そうだった。岡本は外部、とくに大手芸能プロダクションから『過激な発言をする岡本をおろせ』と、圧力がかかったのではないかと考えているのではないでしょうか。いずれにしても、番組プロデューサーに相当な不信感をもっているようです」(スポーツ紙記者)


 たしかに、岡本は過去に過激コメントで芸能界との軋轢物議をかもしてきた。たとえば、有名なのが、「フライデー」(講談社)に掲載された香里奈の"エッチ後の股開きベッド写真"を2014年3月25日放送の同番組で取り上げた際の騒動だ。このとき、岡本はこんな衝撃発言をして、周囲を凍りつかせた。


「彼氏は横で寝ているわけですよね。ということは、ここに(写真を撮った)第三者がいた、乱交パーティーでもしたんじゃないの?」


 じつに『5時に夢中!』らしい下衆の勘繰りだが、問題は、香里奈が"芸能界のドン"が率いるバーニング・プロダクション傘下の芸能事務所に所属していたことだ。番組内容を知ったバーニング幹部は、芸能関係者を通じ、同番組に「調子に乗ってると、芸能界で生きていけない」と暗に恫喝をかけたとも言われている。また、以前から岡本は、名指しはしないものの"バーニングに目をつけられている"というような発言もしていたことから、『5時に夢中!』だけではなく芸能界追放さえも取り沙汰されたのだ。


 もっとも、このときは、『5時に夢中!』のプロデューサーやふかわをはじめとする関係者は、あくまで岡本を守る立場を取り、岡本の続投を決めたといわれる。だが、岡本に対するプレッシャーは、その後、どんどん強まっていった。


 そのひとつがふかわの所属する大手プロダクションのワタナベエンタテインメント(ナベプロ)だった。岡本が何か問題発言をするたびにふかわが謝罪することになる。このままでは、ふかわが巻き添えになりかねないと、ナベプロサイドが番組プロデューサーに対して、「岡本をなんとかしろ」と働きかけたという噂も流れていた。


 もしかしたら、岡本はこうした動きを知って、ふかわに激怒していたのではないのか。


「ふかわとのイベントは降板前に決まっていたのですが、自分の降板にふかわやナベプロが絡んでいることを知ったため、連絡を一切とらなくなってしまったんじゃないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)


 実際、ワイドショーは一切報道していないが、前述したふかわと岡本のイベントでも、この『5時に夢中!』の降板問題が大きな対立点になっていた。


 当サイトはイベントに実際に取材に行ったわけではないが、間接情報を総合すると、外部からの圧力をにおわせ、「過激発言を求められてやってたのに、裏でお荷物扱いされて心外」というニュアンスのことを言った岡本に対して、ふかわは「圧力はなかった」「あなたが好き勝手に言えたのは、周りのみんなが尻拭いしていたからだ」「あなたはウソをついている!」と罵倒したという。


 そして、岡本が反論すると、ふかわは「芸能界には定められた枠ってものがあるんですよ!」と開き直ったとされている。


 そう考えると、今回の騒動は、『5時に夢中!』という番組がまさに"芸能界の枠"に取り込まれてしまったことからおきたといってもいいかもかもしれない。


「それまで『5時に夢中!』の司会は徳光正行、柴田光太郎、逸見太郎といったパッとしない2世芸能人が務め、コメンテーターも芸能界や大手事務所といったしがらみから無縁の人選が圧倒的でした。しかし、ふかわが司会を務めた2012年の数年前から、ふかわと同じナベプロ系の中尾ミエや女優の美保純などといった著名芸能人を起用するようになった。番組の影響力の増大と同時に、芸能界の力学から無縁でいられなくなったのです」(前出・スポーツ紙記者)


 そんななかで勃発したのが、作家・中村うさぎの降板騒動だった。それまで『5時に夢中!』で人気コメンテーターだった中村が15年1月30日のブログに「二度とあの番組には出ない」と降板を表明。その理由は、共演していた美保純に対する「ポルノ女優のくせに」との差別的な発言だったとされた。これに対し、番組プロデューサーから謝罪を求められた中村は「絶対にそんな発言はしていない!」と猛反発。しかし、プロデューサーは結局"芸能人"である美保の主張を優先したといわれている。


 こうした番組の"変化"によって、事務所に所属せず、空気を読まず、言いたい放題を貫き通してきた岡本のような存在は許されなくなった。その結果が、今回の岡本の降板だったのではないか。


 岡本は、"テレビ引退"宣言についても、今月3日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ)の取材のなかで"出たくなくて出ないわけじゃない"と述べた。


「自分が出たいからといって出られるものがテレビじゃないわけ。(視聴者が岡本を)見たいって言ったって、仕事が来ないんだから。しようがないわね」


 同時に岡本は「(テレビ出演は)ギャラ次第?」と訊かれたことに対し、「ギャラも大事」としながらも、「自分がもっとも輝ける場所、自由に発言できる場所があればの話。いまはないから」とも語った。つまり、言いたいことを自由に言える場所がいまのテレビ業界にはない、というのだ。


 視聴率ほしさで、芸能人に型破りな毒舌コメントを求めながら、枠を踏み外すと、すぐに排除する。それがテレビというメディアの体質なのだろう。


 しかし、残念なのは、元々、自由な言論や発言をウリにしてきた『5時に夢中!』までが、その"掟"に浸食されてしまったことだ。


 番組スタートから11年。型破りなコメンテーターたちの暴走が大きな支持を集めてきた『5時に夢中!』にはそのよさを失わないで欲しかったのだが......。
(時田章広)


LITERA

「岡本夏生」をもっと詳しく

「岡本夏生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ