辻希美は「ボスママ」になったのではなく、過剰なBBQ愛を通じてママ友ファミリーとの絆を深めたのだ

5月4日(木)0時0分 messy

辻希美オフィシャルブログより

写真を拡大

 元モーニング娘。でタレントの辻希美(29)が4月30日に更新したブログが、久しぶりにそこそこ話題である。

 辻はご存知の通り夫・杉浦太陽(36)との間に3児をもうけ、長女は小学生、長男は今年小学校入学、次男は保育園に通っている。大変だったろうに、10年間よく頑張ってきたもんだ。さて、この日のブログは長男が卒園し次男が通っている保育園の保護者家族らとの大規模BBQの様子が綴られている。

「卒園後すぐに集まりみんなでBBQしてくれた papa.mamaさんが朝の4時半から場所取りをしてくれて…!! 昨日もお休みを削り買い出しに行ってくれたみたいで…(ビックリマーク連打)本当に感謝してもしきれないくらい色々やってくれました(ハート満載)」

「おかげで凄く楽しぃ時間を過ごす事ができ、最高の休日になりました」

「お友達 先生 papa.mamaさん 今日は本当にありがとうございました(ハート満載)」

 これに対して、“4時半からの場所取り”をしてくれていた保護者がいる一方で、辻はそれに甘えっぱなしと判断したのか、ネット上は久しぶりに沸いていた。

「私的な家族のイベントの準備全部人をアテにして普通縁切られて疎遠にされるレベル」「自分とこは重役出勤でお楽しみかええ身分やな」「ママ友はなんにもしない辻をバカにして盛り上がってるんだろう」などなど、批判も多いが「ボスママに登りつめていたのか 幼い頃から芸能界経験してるだけあって処世術に長けてるな」と、この重役出勤をボスママゆえに許されている行為だと見る意見もあった。また「BBQは食材の下ごしらえが全て 辻ちゃんは朝早く起きて一番大事な仕事をしてたんだよ たぶん」と、それぞれに役割があったのかもしれない、という見方も。BBQひとつで喧々諤々の辻希美、その人気は健在である。

 さて、辻ちゃんはボスママに上り詰めたのか、もしくは各々役割があり、食材持ち寄り係だったのか。今回はそこを徹底的に掘り下げてみることに……と意気込んだ矢先、2つ前に更新済みの記事を見て問題は解決した。辻はおつまみを仕込んで持って行っていたのだ。だがまだ安心はできない。場所取りをしてくれた保護者さんが、それ以上のことをしてくれている可能性もある。もしくは、以前の保育園ファミリーとのBBQで辻は場所取りをしたのかもしれない。この保育園の集まりにおける辻ファミリーのポジションを探るため、辻ブログにおける「BBQ」の記載を片っ端から調査してみたところ、意外に知られていない事実が判明した。辻はママタレになって10年、その手料理の内容や子育て、外見の変化に対して注目が集まり時に批判を集める炎上ブログ芸人と化している時期があった。ゆえに非常識ママというレッテルを貼られがちだが、それよりも何よりも、『BBQが大好き』で、もはやBBQ名人といったレベルに達しているようなのだ。

 辻ブログで「BBQ」と検索すると出るわ出るわBBQ記事。66件もヒットした。しかもその記事の前後でも合計4記事ほど、BBQの仕込みの様子や、広場で遊ぶ大人子供たちの様子がアップされていることが定番で、辻ブログにおけるBBQ関連記事はおそらくその3倍はある。ブログで初のBBQ記事は2009年。長女のママ友らと公園で行ったBBQだ。このときはママ友さんらで火起こしに必死になる様子や、ようやく火がついて鉄板であれこれ焼き始め「外で食べるご飯は本当に本当に美味しいです(ビックリマーク連打)」とBBQを満喫する様子、そしてシメに焼きそばを焼いた様子を綴りながら「昔から焼きそばは大好きでした」と焼きそば愛を(珍しく)長文で叫ぶ。しかもこのBBQ後に仕事に直行している。初出ながら辻のBBQ愛&鉄板で焼く焼きそば愛が強く感じられる一連のBBQ記事だった。



 その後もBBQは止まらない。寒い時期以外はBBQをやりまくっている。グアムに行ってもディナーに「BBQ的な」ものを食べている。このとき1月。冬でもBBQしたいという辻の願望の表れだろうか。辻が一緒にBBQする相手は、祖父母を加えた家族や、子供つながりで出会った保護者たち、杉浦太陽の友達、仕事仲間、などなど多岐にわたる。誰とでもBBQしているのだ。ある日は辻・杉浦の母親を招いて「おもてなしBBQ」までやってのけている。この一連の記事には辻の手際の良さ、(良い意味での)要領の良さがよく出ているのでぜひ読んでほしい。前の夜から野菜を切って準備し、公園で焼き、そしてその場でケーキとお花をプレゼント。

 BBQする場所もさまざま。公園のときもあれば、沖縄旅行の際は必ずと言っていいほどBBQ。「沖縄に来たらBBQでしょー」とタイトルにも辻の気持ちが溢れている。沖縄に行かなくてもいつもBBQしているように見えるが、本当に好きなのだろう。自宅でもバルコニーでBBQできるようになっており、度々友人らを招き、BBQする様子がアップされている。最近では、おそらくバルコニーにハイハイの赤ちゃんも遊べるようなスペースが設けられている。

 この辻のBBQ好きはアメブロを運営しているサイバーエージェント内ではよく知られているようで、なんと、ブログ「のんピース」開設7周年を迎えた辻のお祝いと称して昨年2月に寒空の中BBQでもてなしてもらった様子がアップされている。し・か・も!!!! それだけではない。昨年の辻の誕生日にはAmebaの担当らしき人物が『BBQ用の鉄板』を誕生日プレゼントに持ってきてくれたのだ。「こりゃやばぃ(はーと)これで安全なBBQが出来る」と辻は大喜び。辻家のバルコニーのBBQレベルがさらに上がった。

 自宅外でのBBQ後には、参加者らと辻家に流れて延長戦を行なっていることも多い。このとき辻は大量の手料理を振舞っていたりもする。公園BBQから自宅に流れ、余った食材で食事を作り、子供らを風呂に入らせ、遊ばせている。それも一度だけではなくなんどもこの流れが見られる。その中に、「甘えっぱなしなBBQ」と辻自身が記載しているBBQ記事がひとつだけあった。友人に招かれたときのものだ。直近のBBQのときも、皆に感謝を述べていたが、そうした時以外は、辻は仕込みや火起こし、焼きなど何らかの形でBBQに関わっているのだろうと推察できる。ここまでBBQを愛する辻であればBBQの場数を踏みながらレベルアップしているに違いない。2009年の記事では火起こしにすら手間取っていたが、何かを掴んだのか、以降そうした記載はない。前日の準備の様子をアップすることもたまにはあるが、それももはやBBQをやる上で当然の作業だと思っているのか、準備の様子をアップしないこともある。

 子供つながりで出会った保護者らとのBBQも、今回だけでなく何度も行なっている。保護者らの間では暗黙の役割持ち回りも普通である。また暗黙のうちの『貸し借り』も存在する。こないだ、これをやってもらったから今回はウチがやるね、というアレだ。辻は意外ともてなし能力が高めで、自宅に招いての延長戦も苦にするどころか最高に楽しんで(いるように、少なくともブログや写真からは読み取れる)料理も進んでこなす。そうした関係があるなかで、加えて、何人ものお子さんがいる家族や、パパママが単独で動きづらい家族を除いて、4時半からの場所取りを行うメンバーなど役割が決められたのではないかと想像する。横暴なボスママなどではない。BBQを通して深めた保護者同士、子育ての戦友でもある者同士の固い絆がそこにあるのだ。

 それにしても辻のBBQ好きには驚かされた。家族とBBQした3日後に沖縄でBBQしているときもあって、どこまでBBQ大好きなんだよ! と思わず吹き出してしまった。真冬のBBQもしかりだ。極寒で普通、BBQをやろうと思うだろうか? 辻のBBQ愛は尋常ではない。近い将来、辻夫婦には、アウトドアメーカーやBBQ用品メーカーからのCMオファーが来るのではないか? いやむしろ、ぜひそうなってほしい。それが無理ならどこかのバラエティ番組で辻が指南するBBQの楽しみ方などという企画をやってほしいと願っている。

(ブログウォッチャー京子)

messy

「辻希美」をもっと詳しく

「辻希美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ