鶴瓶、2歳の早見あかりを抱っこしていた。『A-Studio』で2人の相乗効果に期待。

5月4日(月)17時40分 Techinsight

『A-Studio』で共演する早見あかりと笑福亭鶴瓶

写真を拡大


笑福亭鶴瓶が司会を務める公開トーク番組『A-Studio』の新アシスタントに決まった早見あかり。バラエティ番組『王様のブランチ』のインタビューを受けた彼女は、2歳の時に鶴瓶から抱っこされたエピソードについて「鶴瓶さんがロケしているところに、お母さんが『抱っこしてくださいっ』と連れて行った」と振り返り、アシスタントとしての共演に感慨深げだった。鶴瓶も「縁やね」と不思議なものを感じており、早見のやる気を見込んで彼女に取材を任せるようにしたという。「影響を受けたものは?」の質問に対する2人の回答もつながるところがあり、『A-Studio』に新たな展開が期待できそうだ。

旬や注目の人物の素顔に迫るトーク番組『A-Studio』(TBS系)は、鶴瓶とアシスタントがとことん取材したうえで対談してゲストを驚かせるのが見どころの1つだ。5月2日の『王様のブランチ』(TBS系)では、番組収録後の鶴瓶と新アシスタントの早見あかりにインタビューを行った。

2009年4月10日にスタートした『A-Studio』は1年ごとに女性アシスタントが交代しており、小泉深雪、IMALU、SHELLY、本田翼、波瑠、山下リオに続き、今年の4月3日より7代目アシスタントを早見あかりが務めている。

前述のように2歳の彼女を抱っこした時、笑福亭鶴瓶は45歳だった。その時の写真を母親と見ながら「いつか仕事が一緒にできたらいいね」と話していたところ、アシスタントに決まって「まさか、こういう形でパートナーになれるとは思っていなかった」と驚いた。鶴瓶も「縁やね」と喜んだが、早見を抱っこした時のことは覚えていないそうだ。なにせ、「芸能界で子どもを一番抱っこしてるんと違うか」というほどロケをするたびに抱っこするのだから無理もない。

そんな鶴瓶だが、インタビュアーから「これまでに影響を受けたものは?」と問われて、「今出てくる、全ての若手」と答えた。お笑い界だけでなく俳優やアイドルもひっくるめて若手に影響を受けるという。「そこに、いかに乗っていけるか? 合わせるのではなく、気持ちもそうあることが大事」だという姿勢が彼の魅力を培っているのだろう。

一方、早見あかりは影響を受けた人を「鶴瓶さん!」と力強く答えた。「鶴瓶さんは、誰に対しても“鶴瓶”さんがいつでも変わらない。そのスタンスってすごいなと思う」と彼女が語ると、鶴瓶は「僕も、この世界で43年、この調子ですよ。ホンマの自分がどれやら分からんようになる」と照れていた。

鶴瓶が影響を受ける若手にはもちろん、早見あかりも入っており、お互いに影響を受け合っているのだ。鶴瓶は以前、ももいろクローバーZが出演した時に、元ももクロの早見あかりを取材しており、その時に「次のアシスタントは早見さんです」と知らされたそうだ。「本当にやりたいと思ってくれてたようで」と彼女のやる気を感じた鶴瓶は、「だから、今回から、わりと取材は任せている」という。

早見はインタビュー経験があるわけでもなく「必死ですね」と本音を明かす。だが、鶴瓶から「カメラが回っていないところでインタビューするのは本当に難しい。でも、それをやると“早見あかりの部屋”ができると思うよ」と励まされて、ガッツポーズで笑顔を見せていた。そんな2人が進めるこれからの『A-Studio』がどのように変化するか注目しておきたい。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

早見あかりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ