和楽器バンド、初の茨城公演に橋本昌知事「県外からのお客さんが多いのにびっくり」

5月4日(木)14時10分 Techinsight

和楽器バンドと茨城県知事(出典:https://twitter.com/m_hashimoto_iba)

写真を拡大

全国ツアー『和楽器バンドHALL TOUR 2017 四季ノ彩-Shiki no Irodori-』を開催中の和楽器バンドが4月29日、茨城県立県民文化センターで公演を行った。バンド初の茨城公演で、水戸市出身のボーカル・鈴華ゆう子にとって凱旋ライブだ。茨城県知事も会場に足を運び観覧した後に楽屋を訪れた。『橋本昌(橋本まさる)(m_hashimoto_iba)ツイッター』で「鈴華ゆう子さん、コンサートお疲れさまでした…」とツイートしている。

橋本昌知事は3月末、鈴華ゆう子に『いばらき大使』の委嘱状を手渡しており、和楽器バンドの活躍も知っていた。それでも今回のライブでは「一段と熱のこもった演奏を拝見しました」と感じ入った上に「県外からのお客さんが多いのにびっくりでした」という。

鈴華ゆう子がMCをしていた人気番組『鈴華ゆう子のただいまIBARAKI!』の「茨城凱旋ライブ 特別編」が5月2日にYouTubeで公開された。そのなかでライブ直前に県民文化センターでファンにインタビューした映像が流れる。

「和楽器バンドのために静岡から千葉に引っ越した。ゆうこりん大好きです」という熱い女性ファンや東京から見に来た尺八奏者の男性、千葉から来た「ゆう子ちゃんが好き」な女の子、群馬から来た「鈴華ゆう子さんを世界で一番愛しています」という女性など様々だ。県知事もファン層の厚さを目の当たりにして驚いたのだろう。

http://youtu.be/XsUMhSf19aA

出典:https://twitter.com/m_hashimoto_iba

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バンドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ