HKT48小田彩加 東大生から“変わりゆくアイドル界”について問われ「東大感がすごい!」

5月4日(木)12時41分 Techinsight

HKT48 4期生の小田彩加(出典:https://7gogo.jp/oda-ayaka)

写真を拡大

昨年の7月12日、『HKT48夏のホールツアー2016〜HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート〜』福岡公演で4期生としてお披露目された小田彩加。早くも今年の2月15日に発売されたHKT48の9枚目シングル『バグっていいじゃん』では、表題曲の選抜メンバーに入っている。指原莉乃が「ヤバい子」と評するほど天然で、それがチャームポイントでもある。

そんな彼女は『小田彩加のトーク 755』で情報発信してファンともやりとりするが、5月2日に「理系東大生」というファンからアイドルについて質問があった。その返しに質問したファンばかりか他のフォロワーも感心した。

「理系東大生」の投稿は「昔ながらの“純アイドル”は減って、アイドルの多様化が更に進んでいるようだ」との趣旨で“アイドル界”の変化を説き「おでぃーはどのようなアイドルを目指していますか? また、おでぃー自身の考えで、変わりゆくアイドル界においても普遍的に必要なものは何だと思いますか?」と投げかける。小田彩加には「おだちゃん」「おでぃ」「ODA」などのニックネームがあるのだ。

彼女はその問いかけに「東大感がすごい!」と驚きつつ「ありのままかな」と答えた。ファンも「おでぃーに質問して良かった」「“ありのまま”、確かにこれはすっごく大事だね。これからもありのままのおでぃーに期待してるよ!」と腑に落ちたようだ。ツイッターではそのやりとりに「“ありのままかな”。この返しはすごいな。ODA天才説」と反響があった。

実は2015年1月に放送されたテレビ西日本のバラエティ番組『HKT48のごぼてん!』(2016年3月27日終了)で東筑紫学園高等学校を訪れた際に制服クイーンとして登場、10月4日の放送では指原莉乃が主導する企画“学校のアイドルハンター”に再登場した。同企画の結末は放送されなかったが、その流れからHKT48に加入したレアなケースである。

今年の1月1日にYouTubeで公開された『HKT48「バグっていいじゃん」紹介コメント(小田 彩加)』でも「ありのまま」を感じさせる小田彩加。これからどのように成長するか読めない意味で「ヤバい子」のようだ。

http://youtu.be/UvPn2xpdA30

出典:https://7gogo.jp/oda-ayaka

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ