『イナイレ』に『デジモン』も! あなたの思い出に残っている「こどもが頑張るアニメ」は何ですか? アンケート結果発表!

5月5日(金)16時0分 アニメイトタイムズ

 5月5日は「こどもの日」。アニメ作品でもこどもたちが頑張る作品が数多く存在しています。そんな「こどもが頑張るアニメ」をアニメイトタイムズ読者に募集したアンケート結果を発表します!

 アニメでこどもたちが頑張る姿に元気や勇気をもらったというコメントも多数ありました。王道の作品から「そういえば!」と思わせるような作品まで、読者の熱い「作品を選んだ理由」コメントの数々と合わせてご紹介していきます!こどもたちが協力して戦う青春の物語!
 巨悪に立ち向かうこどもたちの姿に感動した経験はありませんか? 幼いころの自分に投影して作品に影響されたり、リアルタイムで見ていた世代が大人になって改めて感慨深くなったり。こどもたちが頑張るアニメには、そんな魅力が詰まっているようです。

◆『イナズマイレブン』シリーズ

 レベルファイブのサッカーRPGを原作としたアニメシリーズ。主人公が弱小サッカーチームを率いて頑張る姿や、ファンに「超次元サッカー」とも呼ばれたド派手な技を多様した試合が話題に。2017年10月より、新シリーズ『イナズマイレブン アレスの天秤』が放送予定。

<読者コメント>
地球やサッカーなどの大切な物のために必死で頑張っていたからとそれぞれのキャラクターが自分の過去としっかりと向き合ったり、病院やけがを頑張って治そうとしているところがすごいなと思ったから。
【10代・女性】

弱小サッカーチームが優勝するまでの流れが熱い。
【10代・男性】

超次元すぎた。
【20代・女性】


◆『デジモンアドベンチャー』シリーズ

 1999年に最初のTVシリーズが放送され、現在、新シリーズ『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズが劇場公開されています。7人の「選ばれし子供たち」が不思議なモンスターたち・デジモンと協力してデジタルワールドを救う姿は、様々な感動を巻き起こしました。

<読者のコメント>
「選ばれしこどもたち」として、電子世界を冒険し、奮闘し、成長する姿が印象的であるから。 また、成長後の姿が以降の作品で描かれていることからも、本作の様が「こどもらしい」印象を強めていると感じたから。
【20代・男性】

自分が子供だった当時も面白くて見ていたのですが、今大人になって見ても本当に面白いなと感じます。 選ばれし子供達とデジモンとの絆や、子供達が成長していく様子に感極まってしまいます。
【20代・女性】

勇気、友情、愛情、知識、純真、誠実、希望、光について幼いながら知ることができた。
【20代・男性】

子どもたちとの触れ合いで生まれる感動
 子どもは素直で歯に衣着せぬ物言いは、ときに心理をついた発言になることもしばしばです。そんな子どもたちとの関係を描いた心温まる作品も人気があるようです。

◆『ばらかもん』

 ヨシノサツキさん原作の漫画(「月刊少年ガンガン」連載)のアニメ化作品。2014年にアニメ化され、スピンオフ作品『はんだくん』(「月刊少年ガンガン」連載)も2016年にアニメ化されました。長崎県の五島列島が舞台となっており、田舎ならではの元気な子どもたちの無邪気な様子に元気づけられた読者も多数いました。

<読者のコメント>
とにかく子どもたちが元気でかわいい。見てて嬉しくなる、子どもらしい子どもたちがたくさんいる。
【30代・女性】

とにかく出てくる子供たちが元気で無邪気で最高にかわいいから!
【10代・女性】

子役がよくある少年声の女性声優さんではなく、本当に子供がほとんどで、しかも慣れない方言なのに、とても活き活きとしている作品。こんな作品はなかなかないと思います。
【20代・女性】


◆『甘々と稲妻』

 雨隠ギドさん原作(「good!アフタヌーン』連載)による漫画のアニメ化作品。父子家庭の親子である父・犬塚公平(CV:中村悠一さん)と犬塚つむぎ(CV:遠藤璃菜さん)の心温まるやりとりと、美味しそうなご飯の描写が人気の作品です。

<読者のコメント>
保育園児のつむぎちゃんがお父さんと一緒に頑張ってご飯を作る。また、そこにはご飯を作ること以外の多くの学びがつむぎちゃんにとってはあるのではないかと感じたから。
【20代・女性】

第7話で、熱を出した「おとさん」のために1人でことりちゃんの家におつかいに行くつむぎちゃんの姿が印象的です。
【10代・女性】

おとさんが風邪の時に、1人で頑張って買い物に行って、でも勝手に行ったことを怒られて、ととても印象に残っているから。
【10代・女性】

言わずと知れた名作も!
 子どもが頑張るアニメといえば、不朽の名作も多数存在しています。長年に渡って放送されているからこそ、多くの人々の思い出の作品となっているようです。

◆『名探偵コナン』

 1994年より「週刊少年サンデー」で連載中の青山剛昌さんによる漫画のアニメ化作品。謎の薬を飲んでしまった天才高校生探偵・工藤新一(CV:山口克平さん)が子どもとなってしまい、江戸川コナン(CV:高山みなみさん)として少年探偵団を結成。様々な事件を解決していきます。

<読者のコメント>
コナンのアクションや推理が凄いし、カッコイイから。
【10代・女性】

パッと浮かんだのがコナンでした。見た目は子供のコナンが活躍する姿を小さい頃から見ていたので、とても大好きな作品です。毎年公開される映画がGW前の公開だったこともあり、GWが近くなるとよく思い出す作品でもあります。
【20代・女性】


◆『クレヨンしんちゃん』

 臼井儀人さんによる漫画のアニメ化作品。やんちゃな幼稚園生・野原しんのすけ(CV:矢島晶子さん)の日常は爆笑必須。打って変わって、劇場版の作品では、大人も感情移入できる深いストーリーも繰り広げられ、世代を問わない人気作品となっています。

<読者のコメント>
普通の幼稚園児なのに、あんなに勇気ある行動をしているのを見ると、元気がもらえます。また、しんちゃんたちが頑張ることで、大人もいい具合に巻き込まれていて、とても感動するからです。
【10代・女性】

大人側で見ても子供側で見ても、葛藤しながら今と向き合う勇気を得られる作品だと思うからです。
【20代・女性】

こんな作品も! 印象的なコメントをご紹介!
 ここからは編集部が気になった作品とコメントをご紹介! みなさんのコメントを見て、改めて作品を見返すのもいいでしょう。どの作品も名作です!

◆『カードキャプターさくら』

 CLAMPによる漫画(『なかよし』連載)のアニメ化作品。主人公・木之本桜(CV:丹下桜さん)は、父の書庫にある不思議な本を見つけ、魔法のカード「クロウ・カード」を集める不思議な冒険が始まります。根強い人気があり、2018年より新作シリーズ「クリアカード編」がTVアニメとして放送予定となっています。

<読者のコメント>
小学生がご近所の平和を守るために頑張る優しく温かい物語です。子供たちにおすすめできる。
【30代・女性】


◆『金色のガッシュベル!!』

 「週刊少年サンデー」で連載されていた雷句誠さんによる漫画のアニメ化作品。魔物の子・ガッシュ・ベル(CV:大谷育江さん、吉田小南美さん)は、頭脳明晰な主人公・高嶺清麿(CV:櫻井孝宏さん)と協力して魔界の王を決める戦いに挑む姿は、様々な価値観が描かれ、単純なバトルものではないところも魅力です。

<読者のコメント>
ガッシュを始めとした魔物の子供達が、大切な物のために戦う姿に感動した。
【20代・男性】


◆『ロウきゅーぶ!』

 蒼山サグさんによるライトノベル(「電撃文庫」刊行)を原作としたアニメ化作品。女子小学生バスケットボールチームのコーチとなった高校生・長谷川昴(CV:梶裕貴さん)と、チームメンバーの女の子たちの交流が描かれます。しっかりとしたバスケットボールの描写だけでなく、高校生と小学生の恋愛模様も描かれ話題に。

<読者のコメント>
まったく、小学生は最高だぜ!!
【30代・男性】


◆『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』

 『機動戦士ガンダム』シリーズの最新作。民間警備会社の戦闘員として働く少年たちが大人たちにクーデターを起こし、鉄華団という組織を発足。子どもたちが大人の策略に巻き込まれながらも、自ら戦いに足を踏み入れていきます。事前知識がなくても見られる『機動戦士ガンダム』シリーズということで、様々な層のファンに人気となりました。

<読者のコメント>
汚い大人達に囲まれながらも懸命に生きようと頑張っていたから。
【10代・女性】

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ