「ローカル番組」ギョーテン事件簿(1)あの芸人が全盛期の小倉優子を三角木馬で禁断の波状攻撃

5月5日(木)17時58分 アサ芸プラス

 ここだけの話、観ている人少ないよね? 少しくらい大胆なことしてもネットに書き込みされないよね? よし、じゃあ言っちゃうぞ、「××××」。そんなノリでうっかり飛び出した限界ギリギリ事件簿を一挙プレイバック!

 05年のこと。「名古屋に『ノブナガ』あり!」と絶賛された中部日本放送の人気バラエティに、当時、大ブレイク中だった小倉優子が出演していた。

「MCの今田耕司と東野幸治が容赦なくムチで叩き、縄で本格的に縛り、さらには三角木馬に乗せてしまうという禁断の波状攻撃。後にゆうこりんは、『自分がドMであることを実感した』と告白しています」(芸能ライター)

 このゆうこりんも出演していた東海テレビの「コスモ☆エンジェル」では、綾瀬はるかが、今では考えられない扱いを受けていた。

「小倉はすでに『こりん星キャラ』を確立していましたが、同じレギュラーながら綾瀬は常に体型を揶揄される“ヨゴレ”ポジション。『ラクダ』『ウサギ』『和田アキ子』と続く似てないモノマネ3連弾では、頭のカチューシャが吹っ飛ぶほど、MCの劇団ひとりからハリセンで何度もシバかれていました」(前出・芸能ライター)

 ここで度胸をつけたことが、NHK紅白の司会に役だっていた‥‥かも!?

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小倉優子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ