「地震なんかないよ」から1年 東森美和「人生の大きなターニングポイントだった」

5月5日(火)17時28分 J-CASTニュース

   モデルの東森美和(23)が、5月3日(2015年)にブログで「『地震なんかないよ!!』発言から明日で丸1年」だと振り返っている。東森は14年5月5日早朝、たまたま映ったNHKの地震速報中継で「地震なんかないよ! 地震なんてない」と連呼し、注目と非難をあびた。

   先日発生したネパールでの大地震を追悼しつつ、「今日はちょっと真面目にブログ更新したい」と切り出す。「良くも悪くも、一年前のあの騒動は自分の人生の中で大きなターニングポイントだったと本当に思います」と語り、グラビアの仕事や、DVD「揺れる想い〜自信なんかないよ〜」の発売などがあった1年を振り返る。


   投稿前日の3日未明には、人気深夜番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)にも出演したが、「なんかなんでこうも私は...とガックリしてしまいまして...」と肩を落とす。実は放送直前に伊豆諸島近海で地震が発生し、津波注意報の地図が表示されるなか、東森の出番がやってきたのだ。

「地震があった地域の方達は大丈夫だったんかな...また嫌な気分にさせてしまったら申し訳ないなと...すみませんでしたー」と謝罪する。


   「地震なんか〜」中継時、東森は酩酊状態だった。しかし現在では、「あの騒動からお酒の量というか、飲む頻度が、だいぶ少なくなりまして、身体も健康的になってきていい感じ」だという。その一方で、「たまに飲み過ぎてしまいますが...オンスイッチが入ると、オフスイッチがないもんで、オンのまま行ってしまうので。今年はオフスイッチを頑張って作りたいと思いますー!!」とも語り、引き続き応援を呼びかけた。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

地震をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ