中越典子、大胆ミニスカ姿に絶賛の声! 抜群のスタイルと変わらぬ美貌でファンを魅了

5月5日(木)18時0分 メンズサイゾー

 女優・中越典子(36)の変わらぬ美貌に絶賛の声が続々と寄せられている。


 現在放送中の連続ドラマ『ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜』(テレビ東京系)にレギュラー出演している中越。俳優の谷原章介(43)が主演を務めるこのドラマは、年間1300人を超える死者がいると想定され、社会問題化している医療事故をテーマにした本格派ミステリーだ。


 舞台となるのは、医療事故の原因究明と再発防止を目的に設立された架空の組織「医療事故調査委員会」。MAICと呼ばれる組織の班長である谷原を中心に、医師や弁護士といった肩書を持つひと癖もふた癖もあるメンバーが、疑惑の病院に潜入調査を行う1話完結型のドラマとなっている。


 中越は谷原の部下でラテン系の明るい性格が印象的な内科医役。何事にも物おじしない豪快なタイプで、ときに谷原よりも班長らしい発言でメンバーを引っ張る。ドラマの制作会見では、自身の役柄について「ヤンキーと知的と美しさと、すべて持ち合わせた役」とコメントし、そのキャラ設定に悪戦苦闘していると語ったが、持ち前のルックスと存在感でドラマ視聴者からの評判は上々だ。


 男性ファンからは抜群のスタイルを称賛するコメントが殺到。それというのも、中越扮する女医は生足とピンヒールがトレードマークで、常にお尻をプリプリ振りながら闊歩しているからだ。衣装の露出度も高く、初回ではカラダにぴったりフィットしたワンピースやフリフリのミニスカをはき、色っぽい姿を見せながら不可解な医療事故の解明に奔走した。


 第2話では、太ももをあらわにしたショートパンツ姿を披露。シックなニット素材のワンピースでも生々しい美脚を見せ、シリアスなテーマを扱うドラマの中で華やかな存在感を放っていた。その姿に、多くのファンが「中越典子が美しすぎる」「相変わらず抜群のスタイル」「中越典子のボディの破壊力がすごい」と釘づけになっているのだ。


 そんな中越といえば、10年に放送されたドラマ『サラリーマン金太郎2』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに交際に発展した俳優の永井大(37)と14年暮れに結婚。昨年の夏には盛大な披露宴を催し、ネットでも話題になった。一部メディアでは永井の借金騒動が取り沙汰され、ファンからはふたりの将来を不安視する声もあるが、中越のInstagramなどでは幸せな結婚生活が垣間見える画像がアップされており、美男美女カップルを羨む人は多い。


「永井さんは結婚後の会見で、『1日でも早く赤ちゃんの顔を見てみたい』と妊活に意欲的な姿勢を示していたため、中越さんは芸能活動をセーブするのではないかと思われていました。しかし、昨年から今年にかけてドラマにコンスタントに出演し、男性ファンも喜んでいます。ただ、最近では単発ドラマや連ドラへのゲスト出演が多く、一部のファンからは不満の声もあった。そういった消化不良な思いが、新ドラマで大胆な衣装に身を包んでいる中越さんへの絶賛コメントに表れている気がします」(ネットライター)


 視聴率は初回4.2%で第2話が3.9%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)と、お世辞にも好調とは言えない状況の『ドクター調査班』。中越にはさらなるセクシーショットで、今後の展開を盛り上げてほしいところだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中越典子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ