転落!能年玲奈、二階堂ふみより『格上』だったのに失速した若手女優たち

5月5日(日)11時2分 まいじつ


(C)まいじつ



桜井日奈子、上白石萌歌、芳根京子今田美桜、桜田ひよりなど、売れっ子の若手女優はたくさんいる。しかし、誰もが順風満帆なスター街道を進むとは限らない。超売れっ子から、一気に落ちてしまった女優たちは多くいる。


【関連】『顔が激変』!?ブレーク後に歯並びをイジった女優・アイドルたち ほか


まずは福田沙紀。13歳のとき、全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し、同年2004年には『3年B組金八先生』で女優デビューを果たした。ドラマ『ライフ』でのイジメっ子役がハマり、舞台『フラガール』、ドラマ『ゴーストフレンズ』など数々の主演を務めたほどの演技派だ。


「しかし、福田のツイッターフォロワー数というと約6000人。オスカープロモーション所属の女優にしてはつつましやかな数字ですね。インスタグラムを見る限り、頻繁にディズニーシーを満喫しているようですが、本人は一切身バレを気にしていないよう。こうして一般人のように遊んでいる福田を見ている一部ファンたちは『熊本に帰ってきたら?』と彼女の今後を心配しているみたいですよ」(芸能ライター)






なぜここまで失速するのか…


続いて岡本玲。03年、ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルオーディションでグランプリを受賞し芸能界に入った岡本。当時の人気は凄まじく、表紙登場回数歴代1位の記録を樹立。『ニコラ』卒業後はソロ歌手としてCDデビューも果たした。


「岡本がモデル時代、川口春奈や能年玲奈(のん)、二階堂ふみなど、現在華々しく活躍する女優たちの追随を全く許していませんでした。もはや同じ土俵に立っていなかったといっても過言ではありません。当時、そのかわいらしさから『サーティワンアイスクリーム』や『ワコール』などCMも数々出演。しかし、イマイチ売れず、現在は消費者金融のCMに出演する程度。一体どこで差がついてしまったのか…。ファンも本人も悩んでいるでしょう」(同・ライター)



最後は北乃きい。14歳でティーン向けファッション雑誌『Hana*chu→』の専属モデルとしてデビュー。映画『幸福な食卓』やドラマ『ライフ』(フジテレビ系)で主演となり、瞬く間に人気女優への階段を駆け上った。14年からは情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を2年間担当した。


「北乃の知名度は間違いなく全国区です。しかし、北乃のインスタグラムを見てみると、フォロワー数は現在約8000人。舞台を中心に活躍、今期の朝ドラ『なつぞら』に出演とのことですが、ここからまた売れっ子になるのはなかなか厳しそうです」(芸能ライター)





飛ぶ鳥を落とす勢いは、必ず失速する!?



まいじつ

「転落」をもっと詳しく

「転落」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ