3度目の開催で女性客も増加した『Character1 2016』で“頭おかしい”マウスパッドを発見!!

5月5日(木)21時0分 おたぽる

おっぱいマウスパッド「VOPPAI」

写真を拡大

 5月1日、春のキャラクターの総合見本市『Character1 2016』が東京ビックサイトで開催された。

 一昨年から始まったこのイベントは、美少女ゲームを中心としたキャラクターコンテンツの総合見本市。同日、向かい側のホールで開催されている同人誌即売会『Comic1』と併せて、ファンにとっては欠かせないゴールデンウィーク中のイベントとして定着してきた。

 もともと、運営組織の「character1 JAPAN」は、株式会社ビジュアルアーツ代表取締役の馬場隆博氏が代表理事、「comic1」準備会相談役の市川孝一氏が顧問の催し。これまでは、男性向けあるいは18禁コンテンツのキャラクターが中心という印象が強かった。ところが、今年はこの光景が大きく変化。女性からの支持が熱い『おそ松さん』をはじめとして、女性向けコンテンツも多数参加。18禁コンテンツ発のキャラクターが強かった第1回開催からはガラリと印象を変えている。

 そうした中で注目したのは、入場者の動き。このイベントの大きな特徴は、入場料無料ということ。ゆえに「Comic1」の戦利品を携えた人々が次々と来場し、オフシャルグッズを購入しているのである。

 まだゴールデンウィークも前半戦。おまけに、最後には例大祭やら砲雷撃戦やらの即売会が待ち構えてるというのに、驚くほど財布の紐を緩くしている来場者を数多く見つけた会場内。中でも、数多くのコスプレイヤーおを配置している『はいすくーる・ふりーと』のブースからは作品の勢いを感じた。

 そんな会場内で、一際目を引いたのは『グランブルーファンタジー』のブース。なぜ目をひくかといえば、ブースの設営がたった半日イベントとは思えない規模。どれだけ儲かっているんだ……。そんなブースではイベント終盤の17時『グランブルーファンタジー』のコスプレコンテストを開催。多くの来場者が、その時間まで残って鑑賞している姿からは、作品力の強さを感じた。

■声が出るおっぱいマウスパッド「VOPPAI」で日本はじまった感

 思えば20年くらい前はキャラのグッズといえばマウスパッドとか限られたものに過ぎなかった。いや、それすらも販売されることは少なかった。

 抱き枕やら、おっぱいマウスパッドやらが当たり前になった現代とは隔世の感を感じる。

 何しろ、多くの制作会社が、これまでになかったグッズを開発しようと、日々知恵を絞り「頭おかしい」とかいわれながら、絶賛されているのだ。いわば「マジキチ」とか「頭おかしい」は一種の褒め言葉なわけである。

 そんな現代にあって、『Character1 2016』の会場で、またとんでもなく「頭がおかしい」グッズを見つけてしまった。

「ProjectV-ω」の開発した「VOPPAI」である。いったいどんなグッズかといえば、声の出るおっぱいマウスパッドである。普段は、手首に優しいおっぱいマウスパッドとして使え、底面を操作すれば収録されているキャラクターの声が再生されるのである。つまり、日常使用をしながら、実用もできる逸品である。

 どうやったら、こんな頭のおかしいモノ(註:褒めてる)の開発に至ったのか。さっそく担当者に話を聞いてみると……。

「おっぱいマウスパッドをたくさんコレクションしていたんですが、単におっぱいを揉んでいるだけでは、我慢できなくなってきたのが最初のスタートです。実際に制作してくれる工場を見つけて、完成するまで3年かかりました。こう製品で“日本始まったな”といわれたいです」

 今回の「試乳会」では、2種類のヒロインを用いたサンプルを展示。実際の生産については300コ以上でOEM生産が可能だという。しかも、現在の製品では一種類のおっぱいマウスパッドに、各3秒程度17種類の音声の収録が可能なのだとか。

 いろんな意味で実用できそうな逸品。さっそく貸してもらって使用してみたのだが、声が出るのもすばらしいが、おっぱい部分の素材も相当研究し尽くされていることがわかった。

 すでに生産体制は固めており、注文に応じて1カ月半前後で「納乳」が可能だという。どうも、夏コミの時期には、色んなキャラの声が出るおっぱいマウスパッドが登場しそうだ。

■運営は赤字、それでも「次」につながるイベントを

 このイベント、第1回の開催の際に、代表理事の馬場氏が正直に「運営は赤字」だと表明している。しかし、運営が赤字であっても、来場者が一人でも多く自分の嫁のグッズを見つける。あるいは新たな「嫁」を見つけられれば、次の展開につながる。そうした企業の思いが、このイベントを盛り上げ、来場者の財布の紐を緩くしているのである。

 有り体にいえば「エロゲーヒロインのイベント」から、わずか3年で規模を拡大した『Character1』。来年以降も、どのように発展していくのか、引き続き注目していきたい。
(文=ルポライター/昼間たかし http://t-hiruma.jp/)

VOPPAI公式Twitter:
https://twitter.com/voppai_info

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女性をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ