『月がきれい』5話 「ああああああ」言葉にならない声のもどかしさ、これは深夜の恋テロアニメ

5月5日(金)18時0分 おたぽる

『月がきれい』公式サイトより

写真を拡大

──「一人で見て悶えてる」「今週も死んだ」「甘酸っぱ死」「ベッドを殴って壊した」などの感想がタイムラインに並ぶ、視聴者大量殺戮中学生恋愛アニメ『月がきれい』(TOKYO MX)。地味アニメ好きのライター・大山くまおが毎週レビューします。南健プロデューサーへのインタビューもあわせてどうぞ。


■付き合うって……何?

 中学3年生にとっての一大イベント、修学旅行が終わって、平凡な日常が戻ってきた。冒頭で節子(演:鈴木美園)が「ありえなくない?」と怒っているのは、修学旅行の自由時間に彼氏の永原(演:広瀬裕也)にラブホテルへ連れ込まれそうになったことに対して。これって「中学生あるある」な!? と驚いた視聴者も多いはず。

 それはともかく、正式に付き合いはじめた中学3年生の小太郎(演:千葉翔也)と茜(演:小原好美)。だけど、教室では友達の目が気になって、イチャつくどころか会話を交わすこともできないまま。わずかに視線を合わせて、頬を赤らめるだけ。ラブホに行きたがる同級生との落差がすごい。でも、それが中学3年生というものなのだろう。

「付き合うって何するの?」とそれぞれ年長の大輔(演:岩中睦樹)と彩音(演:前川涼子)に尋ねる小太郎と茜。すぐに「セックス」とか言い出さない大輔と彩音の態度が好ましい。小太郎と茜が愛を育むのは、やっぱりLINEだ。「でも、俺は、学校で、水野さんと会えるだけでもうれしい」という小太郎のメッセージに茜は「私もうれしいよ」とレス。小太郎はうれしさのあまりに腹筋し、視聴者は「ああああああ」という声とともに死亡した。これは深夜の恋テロアニメだ。


■手をつなごう 手を

 5話のサブタイトルは「こころ」。もちろん、夏目漱石の名作だ。授業では先生がしっかり「明治時代の男女の三角関係の話です」と教えてくれている。図書室で待ち合わせしたのに、千夏(演:村川梨衣)がやってきてしまうというソフト修羅場を味わった後、大輔のはからいで、ついに2人きりになった小太郎と茜。そしてついに……手をつなぐ! ここでも視聴者大量殺戮!

 ここでCHARAの「やさしい気持ち」(東山奈央によるカバー)が流れるところがニクい。サビは「手をつなごう 手を ずっとこうしてたいの」。このように歌詞とシーンをシンクロさせる曲の使い方は、洋画では多いが、日本の場合、アニメでもドラマでも主題歌タイアップが優先されるため、タイアップとは関係ない過去の曲を使うことはそれほど多くはない。これは映画、ドラマ、アニメ共通で言えることだ。『月がきれい』はそれを東山奈央にすべてカバーさせるというものすごく手間のかかる方法を使うことで実現させている。今後も恋の名曲がいくつも流れる予定なのだとか。

「やさしい気持ち」が恋の甘い空気を濃密に伝えている一方、主人公の小太郎と茜の2人はセリフが実に少ない。アヴァンタイトルも教室で離れた場所から見つめ合い、吐息を漏らすだけ。心の動きや感情をセリフで伝えるのではなく、言葉にならない声で伝えていく。「あ……」とか「え……」とか「……っ」とか。2人のやりとりは瀟洒な作画とともに『月がきれい』のトーンを決定づけている。それにしても、小太郎役の千葉翔也と茜役の小原好美は大変な苦労をしているんじゃないだろうか。

 さて、ラストでは小太郎にグイグイと距離を詰めてくる千夏が爆弾発言をドロップ! 陽気な笑顔の裏に、陸上部で最後の夏に向けて張り切っていたはずが、すぐさま小太郎と同じ塾に通うために練習を休む(そしてそれが本人の中で矛盾していない)というヤバさを隠し持つ千夏が、ウブな中学生たちを三角関係地獄に叩き込むのか? 「ひめごと」とか言ってのぼせている小太郎を尻目に、不穏な予感がビンビンするぞ。来週も悶絶必至だ。
(文/大山くまお)

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ