グラドル・倉持由香のクソリプ対応術「いくら相手にしてもクソリプは経験値ゼロ、戦わない」

5月5日(日)6時20分 週プレNEWS

「クソリプじゃなくて、『モテリプ』を送ってほしいです!」と訴える倉持由香さん
「クソリプじゃなくて、『モテリプ』を送ってほしいです!」と訴える倉持由香さん

今や日本人の7割が利用しているSNS。見知らぬ人同士が交流できるメリットのある一方でとんでもない角度からリプライが飛んできて心を痛めるケースも多い。"炎上芸人"安田大サーカス・クロちゃんに続き、グラドル代表・倉持由香さんに対処法を聞いた。

* * *

セクシーな投稿でファンを楽しませてくれるもっちー。"クソリプおじさん"と名づけた濃いフォロワーから、毎日リプライが飛んでくる。

倉持 クソリプが目立つようになったのは、フォロワーが1万人を超えたぐらいから。リプライ全体のうちの1割なんですけど、人間だから気になっちゃいますよね。

──どんな内容ですか?

倉持 ちょっとイラッとする程度だと「深夜にラーメン食べたら太るよ」とか。「肌荒れするよ」とか。あとは夜中にグラドル仲間で集まったりすると「早く寝ないとだめだよ」とか。多いのは「早く寝なきゃ」と「太るよ」ですね。これを言うのがいわゆる"おせっかいおじさん"

──愛情が深いんですかね。

倉持 あとは自分の載った雑誌が発売されたときとか、例えば「週プレ買ってくれましたか?」と聞くと「売っていないです」ってリプライが来る。ネット書店で買って!(笑)。イベントに行けない報告もありますね。集客が不安なときに「行けません」って。テンションが下がること言わないでってなります。

──どんどん出てきますね。

倉持 「水着を買いました」って書くと「公認マーク付きの競泳水着も忘れないでね。スパッツはだめだよ」とか「水着は黒じゃなくて白、その形だったらボーダーがいいです」とか、"リクエストおじさん"も多い。

衣装つながりで"ガーターの上からパンツですよおじさん"。ガーターをつけてからパンツが正しいらしいんですけど、パンツの上にガーターのほうがかわいいじゃないですか。でも「それは違います!」って毎回言ってくる。

──うわぁ、大変ですね。

倉持 あまり悪意はないけど"友達かよおじさん"もいます。「○○と飲んでいます」とつぶやくと「なんで誘ってくれないの?」とか。「実家の船橋に帰りました」とつぶやいたら「遊ぼうよ」とか。

──気軽すぎますね。

倉持 あと"海原雄山おじさん"。冷蔵庫に鶏肉と卵があって「親子丼を作りました」って載せたら「なんで三つ葉がないんだ?」と。三つ葉は常備してないですよ。

──ですよねぇ。

倉持 "プロデューサーおじさん"もいます。「この前の番組カットされてたでしょ? もっとエピソードトークしっかりしないと」とか。「もうすぐアラサーでしょ? 人生どうすんの? ちゃんと貯金して。タワマンに住んでいる場合じゃないよ」と。

私の人生だし、たぶん私のほうが納税してるし、放っておいてくれ!ってなります(笑)。

──ツイッターは匿名が多いけど、どういった人がそんなクソリプを飛ばしているのか。

倉持 いや、クソリプおじさんに限ってなぜかアイコンが自撮りなんですよ! 本名でやってる人もいる。なのにいろんなグラドルに、やたら「太った」って絡んでるおじさんも多いです。普通に嫌われる発言なのに、どうしてそんなことをするのか。

──でも実は大ファンなのかもしれないですよ。

倉持 手越祐也さんが言ってた「ファンとアンチは紙一重。アンチは常に俺のことを考えている、つまり好きってこと」みたいな。あれくらいポジティブに考えられたらいいんですけど、病んでSNSを放置しちゃうコも多い。あとグラドルはセクハラを受けやすいんです。

水着の写真を載せると、ひとりでシてる動画を送ってきたり。「週プレにぶっかけました」とか。

──それはキツい!

倉持 週プレで表紙をやらせていただいたとき、「『#週プレ買ったよ』をつけた方はリプライします」って言ったら、男性器の画像が来て「もっちー見てください」って。インターネット露出狂は捕まったらいいのに。ネットだから何してもいいわけじゃない。

──そんなヒドいのが来て、よく心の平静を保てますね。

倉持 クソリプは反応したら負け。心を無にして、"クソリプおじさん図鑑"の新種を見つけたなと思って、スクショしてそっとミュート。

──「やめてください」とか言わないんですか?

倉持 クソリプおじさんと戦っても得るものが何もない。めんどくさいのに経験値ゼロ。戦ってはいけないんです! 相手にするとさらにクソリプが集まっちゃうし。

──知らんぷりが正解と。

倉持 こういうクソリプについて話すと必ず来るのが「ツイッターをやめたら」という意見。それって「人生つらいんだったら死ねば」と同じぐらい極論です。リプライの9割はいいコメントでプラスになることのほうが多い。

私もファンの皆さまのリツイートやいいねでここまで知名度が上がったし。週プレの表紙の「100万いいねプロジェクト」とか、全部SNSの力なので。

──倉持さんが"いいね"をすることはあるんですか?

倉持 もちろん。いいことに対しては気軽にしますよ。クソリプじゃなくて、"モテリプ"を送ってほしいです!

──モテリプのコツは?

倉持 自分がもらってうれしいか。相手がどう思うか。別に褒めたたえろと言っているわけじゃない。せめて言葉のキャッチボールができるようになったらいいなって。皆でモテリプをすれば平和です。クソリプおじさんから"モテリプおじさん"になりましょう!

●倉持由香(くらもち・ゆか)
1991年生まれ。"尻職人"の異名で親しまれるグラビアアイドル。『グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術』(星海社新書)が4月25日(木)発売。ツイッターフォロワー約36万2000人

取材・文/関根弘康 撮影/村上庄吾

週プレNEWS

「倉持由香」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「倉持由香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ