任天堂とサイゲームス提携 コラボ展開に期待高まる

5月5日(土)12時0分 STANDBY

任天堂がスマホゲーム市場に本腰を入れてきたようだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「ドラガリアロスト」公式サイトより)

任天堂と「グランブルーファンタジー」などで知られるサイゲームスは4月27日、スマホゲームアプリ事業での業務提携を発表した。早くもコラボ展開に期待の声が上がっている。

両社は共同で開発・運営する新作アクションRPG「ドラガリアロスト」を2018年夏に配信予定。世界を守るため伝説のドラゴンと契約し、その力を身に宿した主人公が、立ちはだかる数々の試練を仲間とともに乗り越える姿を描くストーリー。プレイヤーは戦闘時にドラゴンになる”竜化”や多彩なアクションとスキルを駆使し、戦いを切り抜けていく。

「ドラガリアロスト」は、日本国内のみならず、台湾、香港およびマカオ向けにも配信を予定する。さらに、任天堂のバックアップのもと、北米・欧州地域への配信も視野に入れており、世界的な展開を狙う。両社は協業を円滑に進める目的から、自己株式の第三者割当で、任天堂はサイゲームスの発行済株式数の約5%を取得するとしている。

Twitterでは、

“任天堂とサイゲが提携したことにより生まれるアイドルマスターsideM(マリオ)…ないな。”
“任天堂とCygamesの業務提携と聞いてみんな「スマブラに渋谷凛参戦」とか言ってるけどそれは流石にないからwwwww俺たちがマリオをプロデュースするんだよ”

と「アイドルマスター」とのコラボを期待する声が出ている。さらに、

“サイゲと任天堂が業務提携てことはその内コラボでプリコネにピーチ姫でもくるの?”
“任天堂とサイゲが手を組んだことにより、リンクはグラブルとコラボしてピーチ姫はデレステで踊りヨッシーはウマ娘に出るとか言う理論くそわろた”

と両社の様々なゲームのコラボへの可能性を指摘する声もあった。

サイゲームスは、「グランブルーファンタジー」をはじめ、「シャドウバース」「プリンセスコネクト!Re:Dive」といった自社開発ゲームに加え、「アイドルマスター シンデレラガールズ」「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」など大手ゲームメーカーとの協業でのタイトルもリリースしている。

任天堂のコンテンツ力とサイゲームスのスマホゲーム開発力が結集されたゲームとして期待が高まる一方、ユーザーはその先にあるサイゲームスあるいは任天堂の多彩な作品でのコラボにも夢を広げているようだ。

(山中一生)

■関連リンク
「ドラガリアロスト」公式サイト
https://dragalialost.com/jp/

STANDBY

「任天堂」をもっと詳しく

「任天堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ