NMB48市川美織が『脱・レモン』宣言 「覚悟を決めました」

5月5日(木)11時50分 Techinsight

“大人みおりん”な市川美織(出典:https://twitter.com/miorin_lemon212)

写真を拡大


NMB48の市川美織と言えば“みおりん”の愛称とは別に「フレッシュレモンになりたいの〜」のキャッチフレーズから“レモンちゃん”とも呼ばれる。その彼女がブログで『脱・レモン』を宣言した。ファンから「レモンを捨てるのか?」「結局みんなと同じ“キャラ”だったのか?」という声が出るかもしれないが「でも、そんなのは覚悟の上です!」と意志は固い。

市川美織は6月18日に新潟で開票イベントが行われる『第8回AKB48選抜総選挙』に立候補した。今回の選抜総選挙ではAKB48の小嶋陽菜、前田亜美、田名部生来やSKE48の石田安奈、松村香織、柴田阿弥、NMB48の上西恵、木下百花、HKT48の穴井千尋、多田愛佳を含む30名近くが不出馬を選んだ。島崎遥香や山本彩は葛藤の末、締め切りギリギリで立候補を届け出ている。

みおりんは5月3日、『市川美織オフィシャルブログ「あ〜したレモンにな〜れ!」』でやはり立候補するか悩んだことを明かしている。これまでの選抜総選挙では初出馬した2011年に「39位」となり、翌年からも「58位」、「57位」、「53位」、「79位」とランクインしてきた。彼女が「1人じゃ緊張と期待と不安と希望に押し潰されそうになります。でも、皆さんが一緒にがんばろうって言って下さるから歩いてこられました」というように、自分だけでなくファンの協力があってこその総選挙だ。安易に立候補すればファンの気持ちを裏切ることになりかねない。

それでもファンからの応援で出馬を決意したみおりんは、「今年のテーマは『脱・レモン』です」と宣言した。「フレッシュレモン」の子だと分かっても「市川美織」とは知らない人もいるので「市川美織がフレッシュレモン」と認識してもらうよう脱皮したいという。NMB48の新曲『甘噛み姫』では「大人みおりん」を意識しているのも『脱・レモン』への一歩なのだ。

NMB48でもメンバーの卒業が続き、「みんながこうして決断していく中で私は『脱・レモン』ともう一つの覚悟を決めました」と市川美織。AKB48から移籍してきた彼女は関西出身でないことも心の奥で気にしているようだ。それでも優しく接してくれるファンを思うと「私がNMBに来てよかったって皆さんに言ってもらえるまで、辞められないなと思いました。それが、私の出来る恩返しです」と言い切る。

そんな彼女だが、一方で5月3日に誕生日を迎えたリカちゃんを祝福、『市川美織(miorin_lemon212)ツイッター』で「大好きなリカちゃん! お誕生日おめでとう。これからもずっと永遠の憧れです」「リカちゃん人形になりたいの〜!!」とツイートしている。『脱・レモン』宣言しても、いきなり変わってしまうことはなさそうだ。

出典:https://twitter.com/miorin_lemon212
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

市川美織をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ