マドンナ、METガラのハレンチ衣装批判に「単なる偏見」

5月5日(木)20時20分 Techinsight

マドンナ、過激衣装批判に反論(出典:https://www.facebook.com/metmuseum)

写真を拡大


先日、華々しく開催されたMETガラに歌姫マドンナ(57)はお尻などの部分がシースルー素材というハレンチな衣装で登場。これを「下品だし不愉快」と猛批判されたことを受け、インスタグラムにて反論コメントを発表した。

このほどマドンナは、暗がりで撮影した自撮り写真をインスタグラムにアップ。そこに以下のような言葉を綴った。

「私達は公民権やゲイの権利を求め、世界中で闘ってきたわ。そして、これからも闘いは続くでしょう。」
「なのに女性の権利については、今もなお暗黒時代にいるようなものだわ。」
「私がMETガラで着たドレスは、ファッションによる自己主張であると同時に、政治的声明のようなものだったの。」
「女性はセクシュアリティを表現してはいけない。ある年齢を過ぎたら大胆な行為は駄目。それって、“年齢差別と性差別のある社会”で私達が生きているという証拠よ。」

またマドンナは衣装批判を「単なる偏見」とバッサリ。「私はこれからも弁解はしないし反逆者であり続ける」としている。

出典:https://www.facebook.com/metmuseum
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「マドンナ」のニュース

BIGLOBE
トップへ