佐々木主浩、元同僚・イチロー選手にエール「マリナーズのためにできることをやって欲しい」

5月6日(日)17時15分 AbemaTIMES

 千葉県佐倉市の麻倉ゴルフ倶楽部で5日、今年で10回目となる「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」の初日が開催された。

 第一回から連続10年出場の元プロ野球選手・佐々木主浩(50)は、シーズン途中で球団の特別補佐となった、マリナーズ時代のチームメイトであるイチロー選手に、「ずっと現役でいて欲しいし、いろんな意味でマリナーズのためにできることをやって欲しいと思います」とエールを送った。

 また、5回目の出場となる元光GENJIのメンバーでタレントの諸星和己(47)は、山口達也の騒動で揺れる後輩グループTOKIOについて、「メンバーの気持ちとか見ていると、しんどいと思いますよ。他のメンバーたちもね。過去のことに対して今どうするか、この後どうするかじゃないですか」と、心境を語った。

 なお、今回初出場となったお笑いタレントの岡田圭右(49)は、「(参加者が)そうそうたる人たちなので、やっと芸能界の一員になれたなと」と自虐的に語り、「一人になったから練習時間が増えた?」と問われると、「一人になって練習時間も増えてね。プライベートもスコアもいつかシングルになりたい。ゴルフの親父ギャグですね」と笑いを誘っていた。


(AbemaTV/『AbemaNews』より)


最新ニュースはAbemaNewsチャンネルで放送中

AbemaTIMES

「マリナーズ」をもっと詳しく

「マリナーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ