「”うー”じゃなくて”あー”」=LOVE、柳沢慎吾からサイレンポーズの指南を受ける

5月6日(日)20時45分 AbemaTIMES

=LOVEが5月16日にニューシングル「手遅れcaution」をリリース。これに先立って本日5月6日に東京・天王洲 銀河劇場にてリリース直前SPライブイベント記者発表会を開催した。



本日の記者発表会にはメンバー12人に加え、最新シングル表題曲の振り付けにサイレンポーズがあることから、警察官の制服に身を包んだ柳沢慎吾がゲストとして登場。柳沢本人からサイレンポーズの手ほどきを受けたという野口衣織が「今まで『手遅れcaution』を披露させていただく時、柳沢慎吾さんの『うー』で振りをしていたんですけど、実際は『あー』だった(笑)」と勘違いして記憶していた事を吐露すると、柳沢は「そうなんですよ、あれは『うー』じゃなくて『あー』なんです」とコメント。その後で佐々木舞香が「私たちは曲中ちょっとしか(サイレンポーズを)やらないんですけど、これを長年やられてるのがすごいなと思いました」と柳沢に対し敬意を表すと、柳沢は指を動かしながらその関節の柔軟さをアピール。直角に指を反らすなど、余りの柔らかい動きを見て高松瞳は、時折悲鳴を上げながら目を覆っていた。

※高松瞳の高は、はしごたかが正式表記



続いて、MCから「『手遅れcaution』というタイトルですが最近”手遅れだったこと”は何かありますか?」と質問が飛ぶと、齊藤なぎさは学校の漢字テストで範囲を間違えて勉強してしまったことをぽつり告白。続けて、大谷映美里は名前を呼ばれた際いつもの癖で「にゃ」と反応してしまったこと、大場花菜は地図を頼りにラーメン屋を訪ねたらランチタイムに間に合わなかったこと、瀧脇笙古はイコラブとして活動を始めてから父親の体重が20kg増加してしまったことなどを明かしていた。



また、=LOVEは7月1日に東京・日比谷野外大音楽堂にてスペシャル全国握手会を開催する。これについて、佐竹のん乃は「私はアイドルが好きで、好きなアイドルさんが日比谷野音でライブしているのを観た事があって、ずっとあそこに立ちたいと憧れの場所だった」と嬉々とした表情で語る。続けて、齋藤樹愛羅が「野音はイコラブの今までの全国握手会で1番大きい会場で、緊張とかもあるけど決まった時はうれしくて。なので3rdシングル『手遅れcaution』をたくさんの人に届けて、好きになってもらえるように一生懸命がんばりたいと思います」と真摯な思いを口にすると、音嶋莉沙は「今回の『手遅れcaution』はパフォーマンスをするにあたって、どう表現していいか難しくて…。日々の全国握手会だったり、ステージで表現力を身につけて、毎回新しいステージを見せていけるようにがんばりたいと思います」と表現力のレベルアップを誓い、山本杏奈は「7月1日は(会場が)満員になるくらい、それまでも一生懸命がんばって。今日のライブMCの『てっぺんを取りたい』を有言実行できるように、12人でがんばっていきたい」と決意を語った。



最後に、「体に気をつけて、素晴らしい笑顔で頑張ってくださいよ!」と彼女たちに向けエールを贈った柳沢が、「いい夢見ろよ! あばよ!」とお馴染みの決め台詞も放ってイベントは終了。イコラブメンバーがステージを後にすると、柳沢は突然スタッフを相手に警察無線ネタを披露して、会場の爆笑を誘っていた。



なお、イコラブは5月4日から3日間にわたり同会場にてリリース直前SPライブイベントを計5公演開催した。本日行われた第1部にはおよそ700人のファンが集結。彼女たちは3rdシングル収録曲に加え、デビュー曲「=LOVE」、2ndシングル表題曲「僕らの制服クリスマス」などアンコール含め全12曲をパフォーマンス。ライブでは乃木坂46の「ダンケシェーン」、欅坂46の「二人セゾン」のカバーも披露された。また、柳沢もこのライブにサプライズ登場し、イコラブファンを喜ばせた。


AbemaTIMES

「サイレン」をもっと詳しく

「サイレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ