『弱虫ペダル GLORY LINE』第18話「鳴子の意地」より、先行カット到着! 総北で唯一先行する鳴子は、チームを信じて……

5月6日(日)14時20分 アニメイトタイムズ

5月7日(月)よりテレビ東京ほかにて順次放送となる、TVアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE(グローリー・ライン)』第18話「鳴子の意地」。このたび、その先行カット&あらすじが到着しました!

インターハイ栃木県大会の2日目、5人が揃ったチーム総北は、坂道(CV:山下大輝)の驚異の引きでついに箱根学園と京都伏見に追いつきます。真波(CV:代永翼)との「インターハイで戦う」という約束を果たすべく、坂道が意気を上げる一方、どこか様子がおかしい真波。そんな中、手嶋(CV:岸尾だいすけ)が意外なオーダーを坂道に告げ……。そして、チーム総北で唯一先行する鳴子(CV:福島潤)は、チームを信じて熱い走りを展開します。第18話「鳴子の意地」
●あらすじ
真波とインターハイで戦う約束を果たそうとペダルを回す坂道だったが、刻々と変化するレース状況が、真波にある決断を下させる。そして鳴子は仲間が追いつくことを信じて、ひとりで戦いを挑んでいた!

アニメイトタイムズ

「弱虫ペダル」をもっと詳しく

「弱虫ペダル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ