私みたいになるな!しくじりアイドルの「大汚点」(10)夏菜、川口春奈、松井玲奈は意気込みが空回り?

5月5日(木)17時58分 アサ芸プラス

 一生懸命にやりました。悔いが残らないよう、この作品に全身全霊を賭けました──。そして舞台の幕が開くと、どうやら、アイドルの意気込みとは真逆の結果となったようだ。

 13年に熱烈なマニアを集めたNHK朝ドラ「あまちゃん」だが、その前クールの夏菜主演の「純と愛」は、朝ドラ史に残る不評の嵐だった。特に、救いのない最終回は黒歴史に認定され、夏菜の女優としてのステップにも大きな影を落とす。

 ゴールデンでありながら平均視聴率は3.8%──21世紀最大の失敗作となり、8話で打ち切られたのが「夫のカノジョ」(TBS系)である。批判にさらされ視聴率恐怖症となった川口に対し、事務所は「ネット禁止令」を進言した。

 昨年、SKE48を卒業する直前、松井玲奈はアニメ「電波教師」(読売テレビ)で声優デビューを飾る。ところが、アニメファンの評価は「棒読みがひどすぎる」や「ヘタすぎて作品に集中できない」など、前途多難なレビューとなった。

「今度こそ!」とベッドシーンが期待されたのは「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)での深田恭子。奔放な私生活は誰もが知るところで、三十路のプロポーションも一切の衰えなし。そして「ついにカラミ解禁か!」と視聴者が前のめりになるも、目を見張るシーンは皆無だった。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ