闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(10)あいまいだったピンク作品の「有害図書」基準

5月6日(金)17時58分 アサ芸プラス

 ネットが普及する以前には、青少年たちは青年誌などに掲載された“ピンク”な作品に胸をときめかせたものだった。しかし、時として「有害図書」のレッテルを貼られることも──。

○「BLUE」山本直樹

 めくるめく淫靡なカラミに、薬物を思わせる表現も登場。そのため都条例で不健全指定を受け、コミックスは裁断されたが、後に複数の出版社から復刊されている。

○「密室」ビューティ・ペア

 表現が過激すぎたため、作者だけでなく出版社社長、編集局長も逮捕された。書店に正規流通するコミックスとして、戦後初の有罪判決となったが、その基準は今も不明のまま。

○「ANGEL」遊人

 遊人には「校内写生」という問題作があるが、こちらはリアルな女体描写が全国PTAの猛抗議を受けて絶版に。今なお、有害コミックの代表作として歴史に名をとどめる。

○「ユリア100式」原田重光・萩尾ノブト

 汎用人型ダッチワイフであるユリア100式と、大学生の瞬介が織りなすラブコメディ。本来は成年向けマンガではなかったが、神奈川県では有害図書に指定されてしまった。

○「百八の恋」畑中純

 煩悩の数と同じ名前の百八が、天真爛漫な“合体”を繰り広げる。そのため、批判が殺到して「週刊モーニング」での連載は終了。コミックスも多くの県で有害指定を受けた。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マンガをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ