私みたいになるな!しくじりアイドルの「大汚点」(12)上戸彩が助っ人出演するも155館が閑古鳥

5月6日(金)17時58分 アサ芸プラス

 目標は15億円の興行収入、だが現実は? 90年に21もの映画賞を獲得した「櫻の園」をリメイクし、ヒロインには福田沙紀を抜擢。事務所の先輩である上戸彩らも脇を固めてくれたが、全国155館の大規模上映が閑古鳥に包まれ、心に大きな傷を負ってしまった。

 95年7月、これが初主演ドラマとなった「終わらない夏」(日本テレビ系)の瀬戸朝香に思わぬアクシデントが待ち受ける。シナリオの多くが人気コミック「ホットロード」の流用であることが発覚し、局や脚本家が謝罪する事態に。

 サバイバルゲームの感覚を持ち込んだ番組として人気になったフジの「逃走中」だが、役割分担は複雑。初参加のおかもとまりは、ひたすら逃げ回るようにと指示され、その結果、視聴者からは大ブーイングを浴びてしまう。

 映画とCMでのみ活動していた田中麗奈に、連ドラ初主演のチャンスが訪れた。韓国で大ヒットした「猟奇的な彼女」のリメイク版だが、破綻しすぎたシナリオのせいか、低空飛行のままに終わる。

 記憶に新しい「ライザップ」のCMにおけるAKB48峯岸みなみのダイエット姿。たしかに“結果にコミット”はできていたが、ファンからは「ムッチリ体形のほうが良かった」など、努力がムダになる意見ばかりだった。

 やらなきゃよかった‥‥の声が聞こえてくるようだ。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

上戸彩をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ