DAIGOプロポーズソング「KSK」 ファンの声で「緊急発売」決定

5月6日(金)12時38分 J-CASTニュース

「KSK」音源化が決定(写真は2016年4月撮影)

写真を拡大

歌手でタレントのDAIGOさん(38)が女優の北川景子さん(29)との結婚披露宴で熱唱したプロポーズソング「KSK」が緊急リリースされることになった。

披露宴翌日、DAIGOさんは同曲の音源化についてブログでファンに問いかけていた。音源化を望む声と同時に、「2人だけの思い出に...」という声も少なくなかったが、多くのファンに届けることに決めた。



ブログで「KSK音源化したほうがいいかな?どうかな?」



DAIGOさんは2016年4月29日の披露宴で、妻の北川さんに向けた自作ソングを披露した。タイトルはプロポーズの言葉だった「KSK」(結婚してください)。披露宴の模様を紹介したテレビ番組では、KSKを聞きながら目に涙を浮かべる北川さんの姿が映っていた。



翌30日に更新したブログでは「サプライズで歌った『KSK』この日のためにつくった曲です」と紹介。その上で「KSK音源化したほうがいいかな?どうかな?意見聞かせて」とファンに尋ねた。



ブログのコメント欄には「ぜひ音源化してほしい!」という声が相次いだが、一方で「音源化しないで」という意見も同様に目立った。



そもそも同曲は、プロポーズを受けた際に「DAI語」で返答できなかったことを悔やんでいた北川さんのために、「2度目のプロポーズ」として贈ったもの。新婦は「HI、はい」と無事DAI語で答えることができた。



そんな背景もあるため「2人の大切な思い出にしておいたほうがいいのでは」と感じたファンも少なくなかったようだ。



ただ、DAIGOさんはあくまで音源化に前向きで、5月2日に更新したブログでは「めちゃコメントもらってて本当にありがとうございます!音源化の声がめちゃ多くて凄うぃっしゅ!」とコメントしていた。



そして5月6日、音源化決定の報が流れた。5月20日からレコチョク限定で配信され、6月15日にはCDが発売される。DAIGOさんのブログには、すでに音源化決定に感謝するコメントがいくつも寄せられている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プロポーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ