高樹沙耶が「バッシングされても大麻解禁の信念は変えられない」と覚悟の宣言! 忖度マスコミより何百倍も真っ当だ

5月6日(土)22時30分 LITERA

フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』5月4日放送より

写真を拡大

 4月27日、大麻所持の容疑で逮捕されていた高樹沙耶に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決が下された。判決後、高樹は集まった取材陣を前に判決には不服がないとした上で、医療大麻に対しては「決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけではなく、本当に医療で困っている方のために使うことができたらという思いで頑張ってまいりました」と述べていた。


 改めて医療大麻に対する思いを口にした高樹だが、しかし、マスコミの反応は厳しいものだった。


 たとえば会見を生中継した『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)では、梅沢富美男が「ナメんのもいいかげんにしろ!」と激怒、また翌28日の『バイキング』(フジテレビ)でも中尾彬が「昔から変な女優さんでね」と呆れたようにコメントするなど高樹への嫌味、批判を展開したのだ。


 そんななか、高樹が5月4日の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)の独占密着インタビューに応じ、こうした報道に反論、改めて医療用大麻への思い、そして事件を振り返った。


 この密着インタビューは石垣島の高樹の自宅、そして経営するコテージで2日間にかけて行われたものだが、高樹はまず、『グッディ』の取材を受けた理由をこう語っている。


「あまりにもひどいことを言われる方がいっぱいいた」
「事実と違うことがずいぶんと伝わっています」


 たしかに、高樹の逮捕とそれをめぐる報道は不当としかいいようのないものだった。そもそも、高樹は大麻使用を認めたものの、一貫して所持を否定してきた。大麻取締法でも所持は罰せられるが、使用だけでは罪になることはない。高樹はインタビューでも「自宅にあることは知っていたが、具体的にどこに置いてあるか知らない」と所持を否定していた。


 ところが、警察はあくまで所持していたとして、こんな微罪で長期勾留し、裁判所も「自宅への大麻持ち込みを許可し管理しうる状態にあった」と"共同所持"として有罪判決を下した。


 そして、メディアはこうした判決の問題点を報じず、徹底的に高樹を断罪する一方、4人の男性との共同生活の異様さや、男女関係などプライバシーを興味本位で取り上げ続けた。


 そんな状況のなか、高樹はこれ以上、裁判が長引くのを避けるために判決を受け入れたが、しかし、信念を変えたわけではなかった。高樹はこの『グッディ』のインタビューで、大麻使用については「もちろん法廷でも約束しましたし、(略)法律を犯すことは2度といたしません」と誓ったうえで、改めてこう主張したのだ。


「私は大麻は悪いものだと思っていなくて活動しているので、ここでそれは変えられないんですよね。変えられないんです。現行法を犯したことは本当に申し訳ないことだとわかっているんですけど、現行法がおかしいじゃないですかっていうのは法廷でもずっと言わせてもらっていて。それは変えられないんですよ」
「おかしいと思っていることは、今もおかしいと思っているので、その信念は変えられない」
「ただ、ちゃんと有効利用しようね、という気持ちだけはね。そこは(インタビューに)入れてもらわないと。ただただ遊びのために『大麻合法化だ、いえーい!』みたいなそういう気持ちだっていうのは、誤解を生んでしまうので嫌です。やっぱり病気で苦しんでいる人たちのために使えるのであれば、それに有効な病に効くのであれば、使ってもらいたいなって。それは本当に思いますから。もうとっくに腹はくくっています。法律違反して執行猶予期間ですから、その行動、言動にはもちろん気をつけないといけないですけど」


 ほとんどの芸能人はひたすら頭を下げて嵐の通り過ぎるのを待つところを、高樹は、法律を犯したことは反省しているが、大麻を一方的に禁じる現行法がおかしいという思いは変えられない、医療用大麻を解禁すべきというのは譲れない、そう宣言したのである。その覚悟はあっぱれではないか。


 しかも、前々から指摘しているように、高樹の医療用大麻解禁論はけっして常識はずれなものではない。大麻はもともと覚せい剤などのハードドラッグとは違い、国際的には"危険な麻薬"という認識ではない。解禁されている国も少なくないし、大麻の医療使用については研究が進み、合法化が世界的な潮流になっている。遅れているのは日本の司法や行政とマスコミなのだ。


 そういう意味でも、マスコミが自分の事件を面白おかしく伝えることで、医療大麻じたいが"悪者"にされるのはおかしいという高樹の主張は当然といえよう。


 しかし残念ながら、この渾身のインタビューもまったくマスコミには届かなかった。何しろ、独占インタビューした当の『グッディ』がVTRを放映した後、高樹に対するさらなるバッシングを展開したのだ。


 まず、MCの安藤優子は「改めて繰り返しますと、有罪判決で執行猶予中の身。これから時間をかけて自分が犯した罪を償っていくという立場にある」「にもかかわらず、医療用大麻の正当性について信念は曲げない」と高樹を責め立てた。


 そして、大麻使用の「きっかけは快楽」と勝手に決めつけ、不快感をあらわにしている。同じく司会の高橋克実も、「それが医療に役立つのはいいことだと思うが、それを検証するのに、医療関係じゃなく、自分で検証しちゃうのは間違えているんじゃないか、方法が全然違うんじゃないか」と発言。さらに高樹が石垣島移住の理由を「環境問題を訴えている自分が芸能界でおいしい思いをしていることに疑問を抱き、収入を絶った状態で、自分がどれだけチャレンジできるのか」と語ったことについて、こんな批判を展開したのだ。


「自分だけおいしい仕事をしていて、と。そういう風にテレビの仕事を思っていたんだなと垣間見れてショックでした。バブルの頃、連ドラとかやられてて、僕もご一緒したことがあるが、別においしい仕事とは思ったことないし。そういうことがベースにあるから、腑に落ちた。意識的に軽いのかな、取り組み方がすべてに」


 さらに悪質だったのは、その翌日、高樹のインタビューを取り上げた同じフジテレビの『バイキング』だろう。


 MCの坂上忍は、高樹が、同居人で大麻所持で逮捕された森山繁成被告と男女関係を認めたことをことさら強調し、「なんで今更(認めるの)?」と責めると、コメンテーターの東国原英夫は「けしからんと思いますね。実刑にすべきだったと思いますね。嘘をついているわけです、公判で。これを公判で言っていたら実刑ですわ」とまくし立て、いきり立つように罵る始末。


 医療用大麻解禁を訴え、逮捕された後でもその信念を曲げず訴える高樹に対し、突き放し、冷笑するだけでなく、"犯罪を犯して有罪になったのに何を言うか!""高樹は反省も謝罪もしていない"という非難の嵐を浴びせ続けた。


 いや、これは、なにも『バイキング』や『グッディ』だけではない。この間、高樹はずっと、マスコミから同じように"謝罪がない""反省していない"と攻撃されてきた。しかし、高樹は『グッディ』のインタビューで、こうしたマスコミのいう批判について涙を流しながらこう反論していた。


「十分法律を犯したことについては謝罪しているし、謝罪したことよりも十分社会的制裁を受けていると思うんですよ、すでに。それ以上の社会的制裁を私は受けていると思っていて。それ以上、何で毎日、毎日、みんなに謝らなくちゃいけないのかな、っていうことが今でも疑問なんです」
「(謝罪の)言葉が中途半端になっているのは、言わせられているから。謝罪に対して言わせられているから。『本当にごめんなさい。私二度と大麻は吸いません』ってそれは言えないんですよね。私としてはあえてそれを使わない方向でやることは不可能なのかなと思っているんですよ」
「このままの状態でバッシングされてもやっぱり信念は曲げられない」


 これまた、非常に真っ当な主張ではないか。実際、この間、高樹に対して浴びせられたバッシングは、高樹が犯した微罪に比べたら、あまりに理不尽なものだ。「なぜこれ以上謝らなくちゃいけないのか」と思うのは当然だろう。


 そのうえで、高樹はさらなるバッシング覚悟で、「二度と大麻は吸いませんとは言えない」と、正直な気持ちを明かしたのだ。


 その態度は、たんに日本の法律が認めていないからという理由で、大麻解禁という問題に一切触れることができず、視聴率が取れるからという理由で、高樹の事件を取り上げ、"反省しろ""きちんと謝罪しろ"と感情的にがなり立てているだけのマスコミに比べて、何百倍も誠実だし、覚悟がある。


「甘い考え」「わがまま」「身勝手なおばさん」「ふざけている」「宗教がかかっている」などと言われ放題の高樹だが、本サイトは誰がなんと言おうと、高樹の姿勢を応援し続けたい。
(伊勢崎馨)


LITERA

「忖度」をもっと詳しく

「忖度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ