皆藤愛子、経済番組でパンチラ連発! 『めざまし』卒業の崖っぷちからセクシー作戦で再浮上なるか

5月6日(水)15時0分 メンズサイゾー

 フリーアナウンサーの皆藤愛子(31)が経済番組でパンチラを連発し、ファンが大歓喜する事態が起こっている。


 パンチラによって注目の的になった番組はBS-TBSで放送されている『週刊報道 Bizストリート』。同番組は今年4月にスタートし、フジテレビ系の朝の情報番組『めざましテレビ アクア』を卒業したばかりの皆藤が初の経済番組キャスターに挑戦するということで話題になった。


 だが、男性視聴者がクギ付けになっているのは経済の先行きではなく皆藤の大胆すぎるパンチラだ。


 2日夜の放送では、白いミニのワンピース姿の皆藤がソファーに座り、三角ゾーンがカメラ正面に向けられるという絶好のポジションだった。案の定、スカートの奥がカメラに映りこみ黒系のパンティが...。さらに皆藤のワンショットになった際には、ストッキングのタテ線まで画面にくっきり。


 ネット上では、これを目にした男性視聴者たちの以下のような喜びの声が飛び交った。


「ただでさえ美しいのにさらにあのパンスト越しの魅惑のパンティ...生きていて良かった」
「パンチラ愛ちゃんは究極天使!」
「ミニスカートを履いてくれてありがとう。同じ時代に生まれたことに感謝」
「愛ちゃんはパンツ見えてることに気付いてるけど、スタッフと視聴者の期待を汲んで羞恥に耐えながら自分を犠牲にしてるに違いない。なんて健気でいい子なんだ」
「圧倒的だった可愛さに大人の色気がプラスされてますます魅力的になってる」


 その一方で「あざとすぎる」「見えそうで見えないのがいいのに」「経済番組なのにパンツ見せは下品すぎるだろ」といった批判もある。だが、大半の男性視聴者は皆藤のパンチラを喜んでいるようだ。


 気になるのは、これが偶然なのか故意なのかということだが...。


「番組では必ずと言っていいほど皆藤はミニスカ衣装。実は番組開始当初から『パンチラしまくり』と一部ネット上で騒がれていました。それから一カ月経ってもパンチラしているのですから明らかに意図的なもの。番組側は固定の視聴者が欲しい、皆藤も新番組を成功させたい。両者の利害が一致し、毎回のようにミニスカ姿でパンチラをしているのでしょう。視聴者にとってみても、お堅い経済ニュースの合間に一服の清涼剤のようにセクシーなパンチラが拝めるのはうれしい配慮です」(芸能関係者)


 これは同番組に限った話ではなく、皆藤の戦略でもあるという。


「今年1月から司会を務めているサッカー番組『FOOT×BRAIN』でも皆藤のパンチラが度々話題になります。20代のころの皆藤はキャスター業だけでなくバラエティーやCMでも引っ張りだこになり、ドラマや映画にまで進出するほど大人気でしたが、30代に差し掛かったころから露出が徐々に減って落ち目傾向にあるといわれています。しかも仕事の柱だった『めざまし』の降板で崖っぷちですから、何としてでも注目度を上げたいという意気込みがパンチラにあらわれているのでしょう。皆藤のファンは圧倒的に男性が多いですから、まどろっこしい業界の根回しやイメージ戦略よりも直接的なセクシーさを押し出した方が食いつきがいい」(前同)


 皆藤が所属する「セント・フォース」はフリーアナの大手事務所だが、人気がなくなると仕事が回されず放置状態にされると評判だ。その危機感が皆藤の「パンチラ作戦」につながっているのだろう。男性ファンが歓喜している状況を考えれば、その狙いはひとまず成功だ。再浮上のために今後も過激さが増していくであろう皆藤のパンチラから目が離せない。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

皆藤愛子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ