前田敦子の“熱烈な愛“に共演者も唖然...「こんなあっちゃん見たことない」とファンも驚き

5月6日(金)22時10分 メンズサイゾー

 元AKB48で女優の前田敦子(24)が5日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、無類の猫好きであることを明かして話題になっている。


 この日、前田はゲストの願いを叶える企画に挑戦。自宅で3匹、実家を合わせると10匹以上の猫を飼っているという彼女は、「うちの猫を有名にしたいので協力してもらえませんか?」と、番組サイドに依頼した。


 自身のTwitterなどではたびたび紹介しているが、前田が愛猫「ポッツ」をテレビで公開するのは今回が初。そのポッツを有名にするために番組が提案した企画は、2000年に創刊され累計430万部の売り上げを誇る猫界ナンバーワンの雑誌『猫びより』(辰巳出版)の表紙に挑戦するというもの。当然ながら前田もこの雑誌はよく知っていたようで、「(表紙に)なりたい!」「有名になれるかも!」と一気にテンションを上げていた。


 人気猫雑誌への売り込み用に、まずはポッツのベストショットをキャトグラファー(猫専門カメラマン)に頼んで撮影することに。しかし、前田の熱心さに比べて肝心のポッツはご機嫌斜めな様子。いくら前田が呼びかけても見向きもせず、撮影は一向に進まない。焦りを募らせた前田は、「人がいっぱいいるから気が散るのかも」と、番組スタッフの退出を促した。


 ようやく満足した写真が撮れた前田は、さっそく『猫びより』の編集長の元へ。自身満々で編集長に会った前田は、写真を見せながら「可愛い」を連呼してポッツを猛アピールした。さらに、「表紙にしてください」とストレートに懇願。しかし編集長には「半年先まで(表紙は)決まっているので...」と、あっさり断られる。それでも前田は、「有名人の猫たち特集とかないですか?」と粘り強く交渉するのだった。


 そんな前田の姿を目にした番組出演者らは唖然といった表情で、司会の有吉弘行(41)は「親バカだなぁ」とチクリ。『猫びより』の表紙は断られた前田だったが、編集長の好意により姉妹雑誌『ネコまる』の表紙に決定したことがスタジオで発表されると、「本当に嬉しい!」と興奮した声を上げ満面の笑みをこぼした。


 この前田を見たネット上のファンからは、「こんなあっちゃん見たことない」「猫の話になると顔つきが変わる」「よっぽど猫が好きなんだな」といった驚きの声が続出。素顔が垣間見られたことに新鮮な刺激を受けた人も多いようだ。


「前田さんといえば、かつてバラエティのロケで飲食店を訪れた際、お店の人のオススメを無視して勝手な注文をしたり、値段を聞いて『高い!』と連呼するなどし、ネット上では空気が読めないタイプと言われることがある。先月出演したTBS系のクイズ番組『前人未"答"マジ神問題集』でも、トークにはほとんど参加せず、視聴者から『やる気なさそう』『疲れてるのかな』といった声がありました。


 エースとして君臨したAKB48時代からバラエティではあまり活躍していなかったため、いまだに不慣れなところがあるのかもしれません。ただ、そんな前田さんが今回の『THE夜会』では積極的な姿を見せており、これにファンも驚いたようです。どこかぶっきらぼうなイメージもありましたが、愛猫にデレデレした笑顔を浮かべる彼女は生き生きしており、好感度アップにもつながったと思います」(芸能ライター)


 現在放送中の深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)でも話題の前田。この作品で前田は、政治記者としてがむしゃらに働きながらも、プライベートでは二股など奔放な恋愛を満喫する女性を演じている。ただ、開始前から注目を集めたが初回の平均視聴率は2.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷してしまった。その後、回を重ねるごとに数字は上昇しているが、国民的アイドルグループの元エースとしては物足りない状況だ。バラエティ番組で新たな一面を明かしたことが、ドラマの数字に結びつけばいいのだが...。
(文=kamei)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

AKB48をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ