「地獄に落ちるよ」 元『NMB48』渡辺美優紀が“芸能事務所”に怒り?

5月6日(月)7時31分 まいじつ


(C)Ollyy / Shutterstock



元『NMB48』の渡辺美優紀が4月22日、公式ツイッターを更新。歯に衣着せぬ物言いっぷりにファンからは「みるきー黙ってられなくなった?」「デビューからずっと応援してきて良かった」などと称賛の声が上がっている。


【関連】元『NMB48』渡辺美優紀が“活動再開”も「一体、誰?」の衝撃 ほか


『みるきー』の愛称で親しまれる渡辺は、大阪府難波にて結成された『NMB48』の第1期生で、これまでに『AKB48』『SKE48』も兼任した経験を持つ。握手会イベントでの対応の良さから〝釣り師〟と呼ばれるようになり、人気を集めたが、2016年7月『NMB48 渡辺美優紀卒業コンサート〜最後までわるきーでゴメンなさい〜』と題した卒業コンサートで卒業。2年間の活動休止後、昨年7月に芸能活動を再開。今年4月にはソロとしての初めてのアルバム『17%』が発売された。


そんな渡辺が、悪しき風習が横行するブラック企業に対して苦言を呈するツイートを連投。



《人を傷つけずに真っ当に生きることは大事 後ろめたさなく生きることができててよかった 自己中心的な気持ちで人を傷つけ、欲が満たされてもどうせ死ぬんだよ? しかも地獄に落ちるよ ついてきてくれてるみんな! 一緒に幸せになろうなっ》



などとツイートし、ハッシュタグで《#独り言》《#汚い大人にはなりたくない》と付けた。


さらに、



《これからは本当の意味で仲間や人を幸せにできる人たちが居心地のいい時代へ〜ブラックな人やブラック企業の居場所がなくなっていくよ〜 そして今のうちに方向改善できない者たちは一生平成を生きることとなるでしょう 令和たのしみ〜》



と怒涛のツイート。


これを見たファンから《美優紀ちゃんも戦ったことがある人だから》とコメントが送られると、渡辺は《そうなの笑》と返信した。



奴隷契約で2年を無駄にした元NMBたち…


「渡辺は、前事務所と契約する際に〝事務所を退所した場合は、2年間は芸能活動ができない〟というルールを課せられていたそうです。実際、渡辺は退所から2年経過した途端、急に芸能活動を再開していますからね。『NMB48』から卒業した他のメンバーも、2年後に活動を再開していることから、この〝2年間は芸能活動ができない〟という縛りは、確実に実在するものと見られています」(芸能記者)


今回の渡辺の発言に、ネット上では、



《みるきー強過ぎてワロタ あのフワフワ100%の感じで地獄に落ちるよって言われたら何にも言えねえよ》

《みゆきちゃんの芯が通ったところ、大好きだな》

《こういうツイートを見ると本当にデビューからずっと応援してきて良かったと心から思います》

《みるきーらしいツイートだと思った。文面自体は柔い感じだけど結構きついことも書かれている》



などと称賛する声が続出。さらに、「昨今の〝NGT48騒動〟に対して、ついに堪忍袋の緒が切れたのか?」との見方をするファンもおり、



《みるきー黙ってられなくなった? いいねえ。OGが声上げると説得力合っていいねえ》

《陰ながらまほほん(山口真帆)のことを思ってくれていたんですね》

《令和の時代はうまくやった者よりも正直者が報われる世の中になることを願います》



などと、渡辺の〝噛みつき〟を肯定する声も多く上がった。


芸能事務所のブラックな側面は、ネット社会になるまでは徹底的に隠されてきた。しかし、現在は簡単にバレて、大バッシングに遭う。令和では、〝奴隷契約〟がなくなることを願うばかりだ。



【画像】


(C)Ollyy / Shutterstock


まいじつ

「NMB48」をもっと詳しく

「NMB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ