伊野尾慧&戸塚祥太が“エイリアン”兄弟役に挑戦

5月6日(日)5時0分 オリコン

日本テレビで放送される深夜ドラマ「シンドラ」第5弾『トーキョーエイリアンブラザーズ』に主演する伊野尾慧、戸塚祥太 (C)NTV・JS

写真を拡大

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧A.B.C-Zの戸塚祥太が、7月24日から日本テレビで放送される深夜ドラマ『シンドラ』第5弾『トーキョーエイリアンブラザーズ』(毎週月曜 深夜0:59)で、人間の姿をした“エイリアン”の兄弟に挑戦することがわかった。主人公で一見リア充大学生の冬ノ介を伊野尾、彼のもとに突如現れた兄・夏太郎を戸塚が演じる。

 漫画家・真造圭伍氏の人気コミックを実写化。2020年、オリンピックを間近に控える東京を舞台に、「地球移住計画」へ向けた現地調査にやってきたエイリアン兄弟。計画の発動条件として冬ノ介に課せられたミッションは、未知なる生物・人間を学び、夏太郎に仕事と恋人をゲットさせること。宇宙人兄弟のトーキョー探訪と人間交流記を愉快でポップに描いていく。

 それぞれの役どころについて伊野尾は「僕の演じる冬ノ介は言葉では説明できないです。人のようで人ではなくて、感情もあるのか無いのかわかりづらい役なので、みなさんにドラマを観て感じていただけるように頑張りたいです。人間ではない生物を演じる難しさもありますが、日常ではできない、本当に驚くようなシーンも多いので撮影が楽しみです」と一風変わったキャラクターにもやる気をみせる。

 戸塚は「僕の演じる夏太郎は出来損ないの宇宙人で、とても不器用ですが、その分ハートが熱く、心と直感で生きているようなヤツです。僕自身、超不器用なので原作を読んですぐに夏太郎に親近感が湧きました。自然と冬ノ介との対比が生まれると思うので意識しすぎずに、ナチュラルにやっていきたいです」とクランクインを心待ちにする。

 かつては同じグループに所属していたこともある二人。兄弟役での共演とあって戸塚は「映像作品のお仕事をしたいと強く思っていたので、決まった時はとてもうれしかったです。同時に伊野尾ちゃんと共演できると知り、喜びが倍増しました」とコメント。伊野尾は「宇宙人目線で人間らしさを改めて感じられると思うので、この作品を通して視聴者のみなさんの毎日が温かくなったらうれしいです。冬ノ介を演じるにあたり、今までで1番髪の色を明るくしたのでみなさんのリアクションが楽しみです」と胸をふくらませている。

オリコン

「エイリアン」をもっと詳しく

「エイリアン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ