「小さなおっぱい支援」「爆乳写真集」「1億円企画」「アニメ応援」おもしろクラウドファンディングを一挙紹介!!

5月6日(金)11時0分 おたぽる

GREEN FUNDING『まないたプロジェクト』より。

写真を拡大

 今やすっかり日本でもお馴染みになった「クラウドファンディング」。群衆(Crowd)と資金調達(Funding)という言葉をつなげた造語、クラウドファンディングは、ざっくり言うとインターネットなどを経由してクリタイターなどが不特定多数の人から資金を集めることができるシステム。支援者は額に応じてさまざまな“リターン”が得られる。昨今はちょっと変わった面白い企画も多く立ち上がっているので、その一部をピックアップして紹介!

 まずは、目標金額を1億円というとんでもない額に設定した「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」。2015年に迎えたエヴァンゲリオン20周年の公式プロジェクトとして、作品の象徴的なアイテムである「ロンギヌスの槍」を月に届け、アニメを現実にするという史上初の壮大なこの試み。ニュースなどにもなったのご存じの人も多いだろうが、このプロジェクトは結局、1,384人もの支援者が集まったが、支援総額は5,469万5,000円と目標に届かず頓挫。それでも、新作エヴァンゲリオン日本刀「月と真希波・マリ・イラストリアス(刀)」と引き換えに、1人で1,000万円を支援するものまで現れるなど大きな話題になった。

 そんな壮大なプロジェクトがある一方で、「小さなおっぱいを愛する人をふやす『まないたプロジェクト』」という、とっても可愛らしいプロジェクトも。このプロジェクトは、グラビアアイドルの真奈、通称“まなてぃ”が小さなおっぱいの子がポジティブになれるような言葉がつまった写真集「まないた」の制作、「まないたプロジェクト」特設サイトの制作を目指し、200万円を目標金額に支援を募った。「トークショー&お渡し会へご招待!」「真奈と都内で遊びましょう!」といったリターンを提供した結果、見事に234万5,000円が集まり、昨年11月に本の出版に至った。

 小さなおっぱい好きがいれば、大きなおっぱい好きもいる。「Kカップ、プロレスラーアイドルのの子『念願のフォトブック製作プロジェクト』」は目標金額50万円に対し、140万3,122円が集まった。おっぱいの力恐るべし。

 続いては、「『てーきゅう』公式ライバル『うさかめ』がアニメ化!『うさかめ高校テニス部新入部員募集!』」プロジェクト。こちらでは何かのプロジェクトを達成するために資金を集めるのではなく、リターンを実現するために資金を集めるというちょっと変わったものとなっている。アニメの上映会や打ち上げ参加、声優とのチェキ撮影&握手、特別DVDといったリターンを用意し、目標金額30万円のところ75万6,500円が集まった。

 また、「綾野剛主演の映画『新宿スワン』をみんなと盛り上げたい!『新宿の中心に、綾野剛モデルの白鳥龍彦巨大像をつくろう!』」といった変わったものも。その名の通りのプロジェクトだが、完成披露試写会当日のレッドカーペットに招待、DVDのエンドロールに支援者の名前をクレジットなどのリターンを用意し、目標金額530万円のところ811万1,000円が集まった。この結果出来上がった約8メートルの白鳥龍彦像を見た映画出演者は、「熱い支援でこういう風になって、素直に嬉しい」(綾野剛)、「すごい迫力です、新宿を見下ろしている感じ」(沢尻エリカ)と歓喜の声をあげた。

 最後は、現在進行中の企画を紹介。「児童養護施設に訪問して『夢に向かう素晴らしさ』を共有したい!」プロジェクト。これは女性アイドルグループ「Tokyo Cheer2 Party」が児童養護施設に訪問し、歌やダンスを披露、一生懸命パフォーマンスをする姿を見てもらい、何かに向かって頑張りたいなと思ってもらおうというもの。目標金額を30万円に設定し、既に「サイトを拝見して賛同致しました。少しでもお役に立てればと思います」「小さな応援しか出来ませんが、実現することを願っています。頑張ってください!」と支援者が集まっている。こちらは5月31日まで支援を募っているので、気になった方は一度検索を。

 日々、新しいプロジェクトが立ち上がっているクラウドファンディング。玉石混交ではあるが、性質上は本来Win-Winでしか成り立たないため、気になる企画を探してみると、思わぬ掘り出しものに遭遇できるかも。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

クラウドファンディングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ