平井理央 古巣フジ以外の局に露出する戦略で高視聴率を連発

5月6日(火)7時0分 NEWSポストセブン

 退社から1年半、元フジテレビアナウンサーの平井理央が意外なほどにテレビに多数出演している。芸能事務所関係者はこう話す。


「近年、女子アナからフリーに転身して成功した例は減ってきています。ほとんどのケースが結婚後の転向という事情も関係しているが、それは平井も同じ。


 今年1月から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『ゴチになります!』の新メンバーに加わり、4月からは池井戸潤氏原作で高視聴率を期待されるドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)にも出演。最近に珍しいフリー女子アナの成功例と言えるでしょう」


 多くの女子アナが独立後も苦労しているにもかかわらず、なぜ平井は成功しているのだろうか。


「個人事務所社長である姉のマネジメントがうまい。古巣のフジテレビは(系列事務所で同局出身女子アナを抱える)フォニックス系が重宝されることを見越して、他局に売り込む作戦が成功。平井はフリー転向以降、フジテレビにはほとんど出演していません。普通は所属していた局を中心に出るので、かなり珍しい売り出し方です。フジテレビ以外の局に、女子アナ受け入れ事務所がないのも幸いしています。


 テレビ業界では、“ずっと特定の局しか出ていなかった人が他局に出る”ことは、価値があると思われている。そういう意味でも、起用されているのだと思います」(同前)


 ただし、事務所のマネジメント能力や出始めの珍しさだけで生き残れるほど、芸能界は生やさしい場所ではない。テレビ局関係者はこう話す。


「意外と言っては失礼ですが、平井さんは数字を持っているんですよ。ゲストの善し悪しで数字が変わると考えられる“単独ゲスト”番組に出演すると、驚くほど視聴率が高い。


 4月13日、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に姉妹で出演したときは、13%を叩き出した。いくら前番組で明石家さんまさん司会の『行列のできる法律相談所』が20.1%だったからといって、23時開始でしたから、かなりの高視聴率です。


 翌週は、さんまさんが『おしゃれイズム 春の1時間スペシャル』(22時開始)のゲストで11.8%。平井さんは、視聴率男のさんまさんに勝ったことになります。


 また、4月4日の『アナザースカイ』(日本テレビ系、23時〜)でも10.7%。この番組は、2ケタに乗ること自体が珍しい。事実、翌週、翌々週とも7%でした。しかも、前番組である『金曜ロードショー』の10.6%を上回る数字を残している。このように単独ゲストの番組で視聴率を残しているので、業界中に“数字を持っている”と良い評判が駆け回っているのです」


 この評判を武器に、今後、平井理央のテレビ出演は、ますます増えていくのかもしれない。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

平井理央をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ