斎藤工 セクシーさの秘密は「半開きの唇」にあるとの指摘

5月6日(水)7時0分 NEWSポストセブン

セクシーな雰囲気を醸し出している斎藤工

写真を拡大

 今、もっとも女性をキュンとさせる俳優として、斎藤工(33才)がドラマやCMに引っ張りだこだ。先日行われた写真集の握手会には、2000人のファンが殺到した。コラムニスト・ペリー荻野さんによる好評連載「ちゃんねる道中」、今回のテーマは「斎藤工のセクシーの秘密」について。ペリーさんが、「ついに見つけた!」と彼のセクシーさの秘密について解説していきます。


* * *

 そんなわけで今や日本屈指のセクシー男優として注目の斎藤工。

 

 ペリーは以前、福士誠治と主演したNHK時代劇『オトコマエ!』(よく考えたらすごいタイトルである)の件で、ご本人に取材したことがあったが、その現場には通常の時代劇取材では見かけない若い女性記者がずらりとそろっていて、びっくりしたものである。


 一昨年は雑誌『an・an』でヌードを披露、昨年は、フジテレビ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で上戸彩との不倫ラブに悩む高校教師を演じて大ブレイク。今シーズンもフジテレビ『医師たちの恋愛事情』で、若き外科医を演じて多くの女性ファンを魅了している。


 モデル経験者らしい長身でスタイルのいい守田先生(斎藤)が颯爽と白衣で患者のために走り回る。それだけでもカッコいいのに、年上の同僚外科医の近藤先生(石田ゆり子)をそっと後ろから抱きしめる。見てない人でも「むむむ」とうなりたくなるようなシーンである。ちなみにこのドラマでは、深夜の玄関先で医師同士がチュー、建物の暗がりでナースとチュー、廊下や屋上でもいろんなカップルが見つめあったりして、もう大変。おちおち入院できないような印象なのだが、今後の展開は大いに気になる。


 そんな斎藤工のセクシーの秘密はどこにあるのか? それはズバリ「半開きのくちびる」である! 


 ペラペラと元気よくしゃべるタイプではなく、伏し目がちにちょっと口ごもりながら、何かいいかけて開きかけたその口もと。えっ? 何か言いかけました? その言葉待ってます。私だけに言って! ドラマの上戸彩も石田ゆり子も真剣に見つめていたではないですか。それこそ、女子の目と耳を釘づけにする斎藤マジックなのだ。


 そのマジックはCMでも効果抜群だ。たとえば斎藤が出演している『グラムールセールス』のCM。降り注ぐ雨の中、黒いハイネックを着て、ちょっと口元半開きの斎藤が、スローモーションで濡れたままスマホを見つめている。次の場面では黒いスカーフをなびかせてやっぱり画面を見つめる。これは、雨の日も風の日も買い物ができることをアピールしてるのだが、斉藤は何も言わなくても「言いそうな口元」だけで視聴者を惹きつけてしまう。


 また、強め炭酸水『ウィルキンソン』のCMでは、なぜかモヒカン頭のヘビメタ白熊とカタカタカタと紙相撲(紙ボクシング?)の真っ最中。もちろん熱中のあまり口はちょっと開き気味。結果、白熊に敗北し、ふたりはぐいっと炭酸を飲み干すのである。さらに野菜たっぷりの『カップヌードルライトプラス』CMでは、畑でつなぎルックの斎藤が、野菜のうまさを歌でアピール。このCMではうまいだろうと主張するの「う」のあたりで空気がふっと抜ける口の開き具合がミソだ。


 とにかく斎藤工の口元に勝るセクシーなし! 思えば、『医師たちの恋愛事情』では、もっとも真剣な演技をするオペ中は、マスクでその口元は隠れているのだった。一番見たい口元が隠されてファンはじりじりしているはず。罪なドラマですな。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セクシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ