雑誌モデルからAVに転身して「救われた」女優の告白

5月6日(土)16時0分 NEWSポストセブン

最悪の状況から脱出するセーフティネットは何か

写真を拡大

 最近ではAV出演ときくと、出演強要問題が大きく報じられていることもあり、不本意な仕事だというイメージが強い。しかし、性風俗の仕事にはもともと、窮地に追い込まれた人たちにとってセーフティネットの役割を果たしてきた側面もあった。ライターの森鷹久氏が、芸能の仕事によって絶望に突き落とされ、AVによって最悪の状況から脱出できたと語るある女性のケースを報告する。


 * * *

 筆者はこれまでに「半ば騙されてAVに出演させられた」女性や「強制的にAVに出演させられた」女性などの取材をし記事にしてきた。今回取り上げるのは「AVに出たことで救われた」という稀有な境遇にあった女性の例だ。


「望んでいなかった仕事ですが、事務所もスタッフさんも良くしてくれて、今は本当に楽しく充実しています」


 東京・中野の喫茶店に現れたのは、現役のAV(アダルトビデオ)女優・マイコだ。昨年AVデビューして、企画物や単体作品など数十本のアダルトビデオに出演実績があり、国外でのショーにも参加したりと、大忙しの日々を送る。そんなマイコだが、元々はどこにでもいる普通の女子大生だった。


「街でスカウトされたのがきっかけで、雑誌モデルをやるようになりました。事務所にも所属して、インディーズで歌手デビューするなんていう話を頂いたこともありました」


 そんなマイコに悪い転機が訪れたのは今から3年ほど前のこと。事務所社長に突如呼び出されたマイコは、唐突に肉体関係を迫られたのだった。


「雑誌にもっと出たい、歌手になりたいと思うのなら俺の女になれと、性行為を強要してきたんです。社長には同じ事務所に所属するタレントの彼女がいたので拒否したんですが…」


 立場を利用し仕事をチラつかせ、まさにパワハラ的手法で肉体を求めてきた社長に、マイコが抵抗できるはずもなかった。それからというもの、社長はことあるごとにマイコを呼び出し身体を求め続けたのだという。


「ひどい時は週に4〜5回、授業中であっても”今から来い”と電話が来る。少しでも逆らうと”干す”と言われ、従うしかありませんでした」


 では実際、社長のいいなりになっていれば仕事が増えたかというと、そうでもなかった。むしろ仕事量は減り続け、社長は一万円や二万円といった金額で金をせびってくるようにもなった。さすがに限界を感じたマイコは、社長の彼女であるA子に全てを詳らかにしたのだが…。


「A子は”あの人はかわいそうな人なの”といって取り合ってくれませんでしたが、翌日には社長が飛んできて怒鳴りつけられました。性交中に撮影したビデオを売る、などと脅されたかと思うと、最後には泣き出したんです」


 社長は涙ながらに会社の経営状況が芳しくないことをマイコに説明すると、会社に”取締役”として参画してくれないかという驚きの打診をしてきたが、後にさらに驚愕の事実が発覚する。


「結局、会社が抱えていたという一千万ほどの借金を、私に押し付けることが目的でした。社長やA子からも”金を貸してくれ”と泣きつかれ、合計で350万ほど渡してしまいました」


 社長とA子による、マイコへの金の無心はそれからも続き、マイコは500万円近い借金を背負った。社長はマイコを怒鳴ったり殴ったりしたかと思うと、急に泣き喚いて土下座をし謝罪する。マイコの精神状態はすっかり正常ではなくなり、社長の知人が経営するという風俗店で働き、借金を返していこうと決めた。だが…。


「風俗店に勤務しだしてすぐ、私の取り分が異様に低いことに気がつきました。店長や経営者を問い詰めると、稼ぎの一部が社長の元に流れていた。社長は私を”沈めた”んです」


 実は会社に”一千万円”の負債など元々なく、社長とA子がマイコから金を巻き上げる為の嘘だった。二人は、限度額いっぱいまで借金させたマイコから、さらにカネを搾り取ろうと企て、マイコを風俗店に”紹介”した、というのが事実であった。


「何もかもが終わったと思い、自殺未遂もしました。それでも社長やA子は家まで押しかけて業界にいられなくしてやる、私の裸の画像を実家に送る、風俗勤めを友達にバラす、と金をむしり取って行きました」


 身も心もボロボロだったマイコの元に、知り合いのカメラマンから連絡が来た。その人物と知り合ったのは、約一年前の雑誌関係者が主催した飲み会だった。マイコの事情を聞きつけて「AVに出てみないか」と誘われたのだという。


「自暴自棄でしたし、もう何もかもどうでも良かったからAV出演を快諾しました。これ以上落ちることもないと思ったし…」


 某AV女優事務所に所属した途端、社長やA子からの脅迫や連絡は一切なくなった。新事務所は二人からの脅迫をはねつけ、マイコを守ったのだという。


「AVの現場は面白く、スタッフさんもみんな優しい。お給料だってしっかり契約通りに支払われる。AVの世界は恐ろしかったけど、社長に脅されていた時のことを思えば天国ですね」


 とはいえ、あまりに不幸な状況にいたマイコは、ただそこから逃げ出したい一心で、次なる闇に足を踏み入れただけかもしれない。比較して天国に見えているだけなのかもしれない。しかし、マイコがAV女優へと転身することでパワハラやセクハラ、ひどい金銭的搾取から脱出できたのは事実だ。一方で、AV女優となったことで芸能事務所に所属していた頃のマイコのような被害に遭う人もいる。共通しているのは、所属する女性を金儲けして搾取する道具としか考えていない悪人たちの存在だ。彼らの手段がAVであれ芸能であれ、同様に許せるものではない。


 マイコを最悪の状況へ陥れた件の社長とA子は、また新たに”芸能関係”の仕事をスタートさせ、クラウドソージングサイトなどでコンサル業務などの仕事を募っているというが、安定しているとは言い難い状況なのだという。マイコは警鐘を鳴らす。


「あの二人は、自分たちの為なら人の事など死んでもいいと思っている。私もしゃぶり尽くされましたが、またきっと新たな被害者が出ます。その時、今度は私があらゆる手を使って、あの二人を潰してやろうと思っているんです」


 去った世界のことなど、他人のことなど放っておけばよいと思うかもしれない。しかし、そうやって多くの人が長い間、放置し続けた結果、悪徳な芸能事務所やAV関係者が大手を振って活動し続け、どちらの業界にも被害者を生み出し続ける悪人が去らない。普通に暮らせる世界を保つには、悪人が居られなくなるための努力が必要だ。勇気をもって被害を告白してくれるマイコのような女性達の声に、これからも耳を傾けてゆこうと思う。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

雑誌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ