嫌いなジャニーズ2万人のホンネ回答、納得の「Youたちが嫌われるワケ」

5月6日(日)21時0分 週刊女性PRIME



 今年で6回目を迎えた大人気企画の『好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ』大アンケート。昨年の回答数を大きく上回る20483名からのコメント付きの回答をゲット。そこで、『嫌いなジャニーズ』ベスト10に入ってしまった彼らの、「ここが嫌い」コメントを一挙公開!

 嫌いなジャニーズランキングの1位は、昨年と変わらず“いない”。ジャニタレに嫌悪感を持たない人も多いのかもしれないけど、どうしても悪い部分が見えてしまう人もいる。

 しかし、彼女たちはただ嫌いなだけではなく“アイドルだからこそ頑張ってほしい”という気持ちが根底にあるのだ。純粋に応援したい気持ちがあるからこそ“こうしたら、もっとよくなる!”“これはやめて!”と、一見すると勝手なお節介も、実は的を射ていることが。そんなアドバイスを大紹介。

■2位 小山慶一郎(33)



 一般的な男性アイドルのイメージは“歌って踊り、顔はイケメン”“彼女はファンのみんな”というような感じだろうか。そんなアイドル像を作り上げられなかったのが、2位のNEWS・小山慶一郎。熱愛スキャンダルなどもあったためか、3位に2倍近い差をつけて、ぶっちぎりで嫌われてしまった。

「まずしっかりボイストレーニングをして歌のクオリティーを上げれば、NEWSで歌唱中に悪目立ちがなくなる」(40歳/専業主婦)

「体幹を鍛えて、軸のあるダンスができるようにダンスレッスンして」(17歳/学生)

 というように、パフォーマンスについて言及する人が圧倒的に多い。ついでに、

「コンサートの煽りをしないで静かにしてて」(41歳/会社員)

 という声も。ほかのメンバーをけなすような煽りが多いのだとか。“メンバー愛ゆえ”だと信じたいけど……!?

■3位 近藤真彦(53)



 元祖ジャニーズの近藤真彦が、次いで3位。

東山紀之さんは本当に後輩たちに敬われているのに謙虚で、ああいう姿に憧れます。近藤さんも謙虚に控えめな行動をとるといいのかな、と。すごい人は控えめでも存在感が出るので」(19歳/学生)

「上から目線の発言をしないでほしい! 何様のつもり? って言いたくなる!」(30歳/自営業)

 など、先輩ゆえの余裕が態度の大きさと取られているようだ。

「自分の損得で立ち位置を選び、強いものに媚びへつらうのではなく、弱きものの力になれる頼りになる長男になるべき」(45歳/経営者)

 後輩たちの拠り所になれるかどうかが、人気復調のカギになるのかも。



■4位 木村拓哉(45)



「もうおじさんなんだから、カッコいい役はちょっときついと思うので、コミカルな役をしてほしい」(15歳/学生)

 と、演技に関するコメントが多かったのは4位の木村拓哉。前クールのドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)は高視聴率を保ったが、どこか“キムタク役”が抜けなかったようで、

「殻をとっぱらったほうがいい。主役ばかりせず、脇役をいろいろしたほうがいいと思う。舞台とかで経験を積んだほうがいい」(58歳/経営者)

 との指摘が並ぶ。ソロになった今が踏ん張りどきなのかもしれない。

■5位 伊野尾慧



 女子アナとの二股騒動や、セクシー女優との海外旅行で“草食系”の見た目に反して一気に“肉食系枠”になったHey! Say! JUMPの伊野尾慧は5位にランクイン。想像していたとおり、

「女遊びを控えてください」

(33歳/専業主婦)

「女関係をもっとキレイにするべき。調子に乗っていたらどんどんファンは減ると思うから」(17歳/学生)

 との声も多いが、年上女性からは、

「とりあえず、もさっとした髪型をどうにかしてほしい」(43歳/専業主婦)

 という身だしなみについての指摘も多かった。

■6位 手越祐也(29)



 伊野尾に引けを取らない“ジャニーズのスキャンダル王”とも言えるNEWSの手越祐也(29)が6位。

「スキャンダルをなくし、またそれをネタにしない」(17歳/学生)

 と、すがすがしく開き直る彼に苛立ちを覚えているようだが“どうしたら女グセが直るのか”考えた人からは、

「寺修行」(30歳/会社員)

「○○○(※編集部規制)切ればよくなると思います」(17歳/学生)

 はたして、手越は生まれ変われるのか……。



■7位 松本潤



 嵐の松本潤は7位。ナルシストな万能キャラに反発を覚える人が多く、それゆえに別のメンバーのファンからは、

「もっと、ほかのメンバーにしゃべらせてあげてほしい」(57歳/派遣)

「おとなしくしていて。MCをほかの人に任せて手を引いて」(49歳/自営業)

 と、出たがりなのが玉にキズのよう。また、コンサートの演出を手がけることも多いためか、こんな声も。

「派手な演出はいらないので、歌って踊ってくれればいい。もちろん生歌で」(47歳/会社員)

「演技、歌、トークをやめて、大好きな裏方だけをやっていればいい」(64歳/無職)

 という言葉も目立った。

■8位 山田涼介(24)



「もっとメイクを薄くしたら?」(41歳/専業主婦)

「自分のグループのコンサートはいいと思うけど、ジャニーズの先輩と同じステージでカラコンをつけないでほしい」(15歳/学生)

 とビジュアルの“盛り”に不満が集まったのは、8位のHey! Say! JUMP・山田涼介(24)。中には、

「もっとカッコ悪いところも見せて」(50歳/会社員)

 という声も。ありのままの姿でよろしくどうぞ!

■9位 岡田准一(37)



 昨年の圏外から大きくジャンプアップしてしまったV6の岡田准一(37)。

「まずヒゲを剃り、ビジュアルを整えてください」(41歳/派遣)

 という見た目問題のほかにも、役者にかける思いが強すぎるためか、その振る舞いに“待った”をかける人が多い。

「アイドルとして踊って歌う姿が好きなファンもいることを認識してほしい」(22歳/学生)

「今の仕事ができるのもアイドル時代のファンの支えがあったからだということを忘れないで、コンサートもまじめに感謝が伝わる対応をしてほしい」(50歳/専業主婦)

■10位 櫻井翔



 “好き”な人ランキングでは3位に輝いた櫻井翔だが、“嫌い”な人ランキングでも10位に入ってしまった。

「スタイルだけはどうにか維持して!」(25歳/会社員)

 櫻井にアドバイスを送った人の中で、「やせて」「むくみを取って」「ダイエットして」などなど、体形についていろいろな声を上げた人は、約10%にものぼった。

「あなたはキャスターではなく、そもそもアイドルなんです。自覚を持ってください!」(41歳/派遣)

 アイドルが応援され続けるためには、いついかなるときも、“アイドル”でいなくてはならないのだ。

週刊女性PRIME

「ジャニーズ」をもっと詳しく

「ジャニーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ