ブリトニー・スピアーズ、ステージで転んだワケを説明。「靭帯が切れたの!」

5月6日(水)15時15分 Techinsight

ブリトニー・スピアーズ、靭帯を損傷

写真を拡大


先日、ヒールを履いてのステージパフォーマンス中に足首をひねって座り込んだブリトニー・スピアーズ(33)。その後ショーを複数キャンセルしたもののビーチでハシャぐ姿を撮られてしまったが、本人曰く「靭帯が切れた」そうだ。

ラスベガスでの定期公演中、ブリトニー・スピアーズは足首をひねり転倒。ダンサーらに支えられて立ち上がっていたが、ドクターストップがかかりショーを数回キャンセルすると発表した。だが、数日後にブリトニーはビーチに登場。元気に遊びハシャぐ姿を撮られ、「怪我は大したことはなさそうだ」と伝えられた。

そのブリトニーが、このほど人気番組『The Ellen DeGeneres Show』に出演。そこで怪我をした経緯と医師の診断について、こう語った。

「ステージでは、ただ踊っていただけよ。」
「ステージでの転倒なんて初めてで、かなり恥ずかしかったわ。」
「でも実際、靭帯が切れてしまったのよ。」

番組では足を保護するべくギプスをつけていたブリトニー。しかしビーチに現れたブリトニーは、裸足でフットボールを満喫していたのだ。勢いよくボールを放り投げる姿も撮られ、重傷説を信じていたファンも「心配無用だったらしい」と複雑な心境をネットに書き込んでいる。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ブリトニー・スピアーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ