スパガ浅川梨奈・渡邉幸愛・志村理佳が初のイメージ作品をリリース、浅川は記者から”ライン”聞かれる

5月7日(月)14時20分 AbemaTIMES

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈、渡邉幸愛、志村理佳が初のイメージDVD&Blu-rayを4月27日に同時リリース。これを記念し、5月6日に東京・品川プリンスホテルにて発売記念イベントを開催した。


左から浅川梨奈、渡邉幸愛、志村理佳


3人がイメージ作品を発売するのはこれが初めて。イベントの合間にはマスコミ向けの囲み取材が行われ、浅川が赤、渡邉が青、志村が黄色の鮮やかな衣装姿で登場した。



浅川の作品「お待たせしました!」は、”ザ・王道”をテーマに全編インドネシアのバリ島で撮影が行われたという。撮影当時を振り返り彼女は「この時はまだ18歳だったので、高校生らしく。でも発売の時…今は19歳なので大人の成長を感じさせるような作品になればいいなと思いました」と語った。渡邉は「『はじめまして、こうめです。』というタイトルにさせて頂いたんですけど、初めてのDVDという事で、写真のグラビアとまた違うのですごく難しかった」と振り返った後で、「それがいい味で出てるのかなと思っています」とアピールに繋げていた。今年6月24日にグループを卒業することを発表している志村は、今作「振り返るな!」が「最初で最後のDVD作品」と語ってから、「25歳っていう大人になった志村をこの1枚で見ていただく事が出来るんじゃないかな」と力強くコメント。この後で記者から「これが最後になるって事ですけど、まだやりたいなって思いました?」と問われると彼女は「これが最初で最後と決めていたので、今後出す事はないでしょう」と念を押した。



浅川に対し記者から「前回の写真集(「NANA」<講談社刊>)の時に『布が少なくなってる』と仰っていましたが、今回はどうですか?」と質問が飛ぶと、彼女は「布が増えたか増えてないかと聞かれたら増えてない」と笑顔で即答。「どんどん過激になってるんですか?」と追求が入ると、浅川は「ラインを自分の中で決めている部分があって。ここまではいいかな、ここはまだかなって言うのがあって、自分の理想のアイドル像・グラビア像があるのでそこは死守していきたいと思ってます」とこだわりを明かす。”ライン”について聞かれると彼女は「それは私の中だけの秘密で、トップシークレットです」と発しニヤリ笑った。



ここで報道陣から「作品のオススメポイントと点数をつけるなら?」という質問が飛ぶと、志村は「笑顔の表情と大人の色気をバンバンに出している2つの表情を楽しめます」と語った後で、点数については「自信を持ってお届けしたいので100点です!」と胸を張って答えた。渡邉は「すごく自分らしいっていうのが1番のポイントで。ボケっとしてる部分とかも収録されているので、キメている所とのギャップを楽しんで」とアピールした後で、「昨夜観たんですよ。観た時に『こうすればよかったな』って思ったので、伸びしろ(に期待して)で50点で」と厳し目の自己評価を下していた。最後に浅川が「正直恥ずかしくてまだ観られてない」と明かしつつ、「撮影の時、台詞だったり行動だったりすごい自分で考えてやらせて頂いて、本当にバーチャルデートをしている様な作品に仕上がってると思いますし、(3作品の中で)唯一10代で若く、制服姿もあるのでそこも見所になっていると思います」と話す。それから点数ついては「150点でお送りできたらなと。それくらいの気持ちでやらせていただきました」と力強く述べた。


AbemaTIMES

「記者」をもっと詳しく

「記者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ