「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE」開幕第2試合はよしもとLibalentが逆転勝利!

5月7日(月)11時39分 AbemaTIMES

 5月5日に開幕した「Shadowverse(シャドウバース)」初のプロリーグ、「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE」。開幕2日目となる5月6日にレバンガ☆SAPPORO(レバンガ)とよしもとLibalent(Libalent)が対戦。接戦を制し、Libalentが初勝利をもぎ取った。

 両チームが3選手を送り出し、2選手が勝利したチームが勝者となるルール。第1バトルではレバンガはTatsuno、LibalentはKeisuke3選手を送り出した。


 先行を取ったTatsunoは、Keisuke3をじわじわと攻めたてる。Keisuke3は状況を挽回しようとするが切り札となるカードを引けず反撃はかなわず。そのままTatsunoが押しきり、レバンガが先に1勝をあげた。


 第2試合では後がなくなったLibalentはけんぴ、勝ち切りを狙いたいレバンガはさわさきが登場した。


 第1バトルはけんぴが取り、続く第2バトル。互いに攻撃を耐えながら、盤面をじわじわと変化させ有利な状況を作り出そうとする中、第12ターンになり一気に状況が動く。さわさきの攻撃を受けけんぴは大ダメージを受けるが、けんぴの反撃はさわさきを一撃でほぼ粉砕。さわさきは反撃をあきらめ、リタイア。Libalentが1勝を返し、対戦成績を1対1の五分に持ちこんだ。


 ラウンド勝利を賭けた1戦となった第3試合。レバンガは真春、Libalentはファミ通カップ2017優勝者であるふぇぐが出場した。


 第1バトルでは序盤、真春が優勢を確保。じわじわとふぇぐにダメージを与え続けるが、必要なカードを引きこんだふぇぐが安どの表情を浮かべてからは一気に形勢が逆転。瞬く間に真春を倒しガッツポーズを取った。


 第2バトルは真春が取り、勝負を決める運命の第3バトルでは、真春が優勢をキープ。ふぇぐはHPを半分以下まで減らされるが、ここで逆転の一手がさく裂。ほぼ一撃で真春を粉砕。Libalentはリーグ戦での初勝利をもぎとった。


 勝利したLibalentのふぇぐは「チームとしてとても仲がいいので、Keisuke3が負けたときもみんなで応援していました。これからもよしもとLibalentを応援してください。よろしくお願いします!」と元気よく語った。


 「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE」リーグ戦はファーストシーズンが5月から8月、セカンドシーズンが9月から12月まで開催される。年間インセンティブ2000万円の他に、ファーストシーズン1位のチームには400万円。2位のチームには100万円が授与される。


 次戦は5月20日、対戦カードはauデトネーション×レバンガ☆SAPPORO、名古屋OJAベビースター×よしもとLibalentが行われる予定だ。


▶5/6(土) 11:20〜 RAGE Shadowverse Pro League 2日目!!(AbemaTV)


▶5/6(土) 11:20〜 RAGE Shadowverse Pro League 2日目!!(OPENREC.tv)


AbemaTIMES

「シャドウバース」をもっと詳しく

「シャドウバース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ