国分太一、TOKIOの今後は「何も見えていない」

5月7日(月)17時20分 AbemaTIMES

 強制わいせつの疑いで書類送検され、不起訴処分となったTOKIO山口達也さん(46)が6日、ジャニーズ事務所から契約を解除された。


 ジャニーズ事務所は「本人の強い意志でもある辞意を受け入れ、山口が1人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと決断しました。弊社社長とTOKIOリーダー・城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りましたことをご報告申し上げます」と契約解除に至った経緯についてファクシミリで発表。契約を解除するものの、育ててきた立場として社会に責任を果たすために、必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行っていくことを明かした。


 また、TOKIOのメンバー4人からは「今一度TOKIOとしての原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のためにいったい何をすべきなのかをしっかり考え、前を向いていきたいと思います」と決意のコメントが寄せられた。


 国分太一(43)は司会を務める朝の番組で「山口から『TOKIOを守ってくれ』と電話があった」と明かした。TOKIOの音楽活動休止については「正直まだ何も見えていない。とにかく今自分できることは、明日に向かって一歩一歩丁寧に進んでいくことしか考えられない」と語った。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

AbemaTIMES

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ