片寄涼太が描いたE-girls須田アンナのイラストに全員悲鳴!「カイジっぽい…」

5月7日(月)17時0分 AbemaTIMES

 毎週日曜日よる9時より放送中の、ダンス・ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、イマドキ高校生ライフを体当たりレポートする青春応援バラエティ番組AbemaTVの『GENERATIONS高校TV』。6日放送は、ゴールデンウィーク90分スペシャル。“私立E高”ことE-girlsとの因縁バトルでは、多摩付属聖ヶ丘高校を舞台に漫画イラスト研究部で漫画・イラスト本気対決を行った。


漫画・イラスト本気対決で片寄“画伯”が才能発揮!?

 漫画・イラスト本気対決では、チームの代表の各2人が制限時間3分で須田アンナと裕太の似顔絵を描き、誰がいちばん特徴を捉えているかを決定する。アンナを描くのは涼太、亜嵐、YURINO、夏恋。注目は以前から画力に定評がある(?)片寄画伯だが…。最初に披露したのは部長。見事な“お手本”に、龍友が「だれ?ほんものより可愛いっていったの」とボケると、アンナは「二度と話さない!別件で土下座!」と怒りをあらわに。

 YURINO、亜嵐の作品は本人も納得の出来栄え。夏恋の作品にはGENERATIONSから「狂気を感じる」とツッコミが。ただこれも同じチームメンバーの力作とあって、アンナは「可愛いから許す」とOK。そして、みんなが楽しみにしていた(?)片寄画伯が自信たっぷりに披露すると、その途端、「カイジっぽい」「ひどい!」「鼻でかい!」「落ち武者みたいじゃん!」とダメ出しの嵐。

 アンナも「嬉しくない」「髪の毛ボッサボサだし…」とイマイチ納得がいかない様子だった。個性的な作品が勢揃いした結果、1位はキュートに描いたYURINOに決定!


 アンナに続いてモデルを務めた裕太は、3分間涙を流しながら「鬼瓦」の顔でポージング。描くのは玲於、龍友、楓、SAYAKAだ。1位に選ばれたのは“愛情たっぷり”に描いたという玲於だったが、自ら変顔をしておきながら、裕太本人が複雑な気持ちに…。とりわけ楓は“シャクレ”を表現したのは自分だけだと主張したが、“漫画ならいいけどリアルさは足りない”という判定だった。

 ついにGENE高と“私立E高”のバトルの最終結果が出る次回『GENERATIONS高校TV』は、5月13日よる9時より放送される。


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「E-girls」をもっと詳しく

「E-girls」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ