当たりかけた1億円!運極ルーレット達成寸前にノブコブ吉村「しびれた…」/リアルカイジGP

5月7日(月)15時48分 AbemaTIMES

 優勝賞金1億円を賭けたAbemaTVの「リアルカイジGP」。当番組では毎週ラストに「見てるだけで1億円!運極ルーレット」が行われ、視聴者も1億円獲得が狙える。5月6日放送回は1時間、この運極ルーレットのみの生放送。電話を受ける億リストとしてボクシング元世界3階級王者の・亀田興毅、K−1史上初の3階級王者・武尊、元乃木坂46の永島聖羅、アイドルグループ・9nineの吉井香奈恵が出演した。

 「見てるだけで1億円!運極ルーレット」は、AbemaTVがリアルカイジGPの賞金1億円とは別に、視聴者参加型企画としてさらに1億円を用意した世界初の試み。番組の途中で小出しにされる電話番号に電話をかけ、番組最後の生放送中に繋がった1人が「運極ルーレット」に挑戦。「赤or黒」「一の位を当てろ」「数字を当てろ」と3つのチャレンジをクリアできれば、1億円を手にすることができる。当選者が出れば次週以降の運極ルーレットは行われない“早いもの勝ち”で、成功する確率は約1/600だが、今回のみ特別ルールとしてAbemaTV公式ツイッター内にある特定ツイートのリツイート数に応じて各種チャレンジが免除される。当日は放送中に9000以上のリツイートを確認。1stチャレンジが免除され、確率は約1/300まで大幅アップした。


 1stチャレンジが免除されたとはいえ、2ndチャレンジは難関だ。1人目、2人目と連続で失敗。嫌な流れになりつつある中、3人目のチャレンジャーが魅せた。昼間はゴルフに行っていたという建設関係に従事する男性は、「9で」と野球部時代の背番号をチョイスした。「9」は過去の運極ルーレットで出たことのある数字である上に、ここでの億リストは永島。次が9nineの吉井だっただけに、スタジオ内では「9」はないだろうとの空気であったが、ボールは見事「赤の9」へイン。「19」でも「29」でもなく「9」へと吸い込まれた事実が、スタジオをさらに盛り上げた。


 ファイナルチャレンジ。さすがに、瞬時に決断はできないのだろう。MCを務めるお笑い芸人・平成ノブシコブシの徳井に「答えはあるからね」と言われても「えーっと、どうしようかな」と悩むばかり。しばらくして選択した「12」は、ふと思いついた数字、ひとつだけ降ってきた数字とのことだった。これを聞き、百戦錬磨の亀田と武尊は「当たりそう」と予感。確率1/37を引き当てられるか、スタジオ全員が注目する中、ディーラーよりボールは投げ入れられた。


 出演者達は「12」の場所を探しながら、ボールを目で追う。徐々に緩やかになるボールは、「12」へと導かれているようにも見える。「カツン!」。一瞬、確かに「12」へと入った。だが、勢いではじかれたボールは3マス先にある「黒の26」へ。スタジオ内からは悲鳴が起こった。


 「しびれた…」と座り込む平成ノブシコブシの吉村、「ヤバいですね、これ…」と固まる吉井。出演者達は興奮冷めやらぬ様子であり、今回の生放送で最も盛り上がった瞬間といえるだろう。挑戦者には3万円分のamazonギフト券がプレゼントされた。

(C)AbemaTV

▶5/6 22:00〜 △運極ルーレットだけを1時間やり続けるSP▼ リアルカイジGP#4


▶5/13 22:00〜 △超圧迫面接でハガれる仮面▼全員参加100万円山分け企画も リアルカイジGP#5


AbemaTIMES

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ