『ブラッククローバー』第31話「雪上の追跡」の先行カット到着! マリーが持つ“魔導具”の鏡に宿ったマナをたどっていくが……!?

5月7日(月)11時0分 アニメイトタイムズ

テレビ東京系にて人気放送中のTVアニメ『ブラッククローバー』。5月8日放送の第31話「雪上の追跡」より、先行場面カット&あらすじが公開となりました!

姿を消した町の子供たちの中には、レベッカの妹ルカと弟のマルコ、ゴーシュ(CV:日野聡)の妹マリーもいた。教会でマリーの世話をしているシスター・テレジア、ゴーシュ、アスタ(CV:梶原岳人)たちは、マリーが持つ“魔導具(まどうぐ)”の鏡に宿ったマナをたどっていきます。果たして、マリーや他の子供たちは見つかるのでしょうか? 要注目です。第31話「雪上の追跡」
●あらすじ
何の前触れもなく姿を消した町の子供たち。その中にはレベッカの妹ルカと弟のマルコ、ゴーシュの妹マリーもいた。

教会でマリーの世話をしているシスター・テレジアから話を聞き、マリーのことが心配でならないゴーシュは、ほかの子供たちのことを心配するアスタやシスター・テレジアとともに、妹に持たせている“魔導具(まどうぐ)”の鏡に宿ったマナをたどって居場所を探す。

だが、子供たちから魔力を奪って高く売りつけることが目的の犯人の魔の手がいよいよマリーにも迫っていた——!

●STAFF
脚本:加藤還一
絵コンテ:ユキヒロマツシタ
演出:津田義三
作画監督:未定
総作画監督:崎本さゆり

アニメイトタイムズ

「追跡」をもっと詳しく

「追跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ