鈴木奈々×滝沢カレン「“おバカ枠”ポジションに火花バチバチ」

5月7日(月)17時57分 アサ芸プラス

 上地雄輔(39)が三文字熟語を「さじしん」と読み間違えたことで生まれたユニット「羞恥心」のデビューから10年。バラエティーの「おバカ枠」を巡って、羞恥心ゼロの人気タレントがハーフ美女とバチバチの火花を散らしていた。

 明るくてポジティブなキャラで老若男女の支持を集める鈴木奈々(29)。

 半年に一度のクイズ特番「オールスター感謝祭」(TBS系)では、ローションでヌルヌルになった階段を駆け上がり、オマタを開いて滑り落ちるという「開脚芸」がおなじみとなった。

 さらに、3月30日配信の「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)では、

「胸のマッサージに行ったりして、2カップぐらいアップした。今はAカップからCカップ」

 と、みずからの巨乳化をカミングアウト。下ネタも辞さない天然キャラの鈴木だが、意外な「タブー」が存在するという。芸能プロ関係者が明かす。

「事務所の方針で、滝沢カレン(25)とは共演させないようです。理由は『キャラがかぶるため』。2人とも本業はモデルで、おバカなキャラを売りにしていますが、最近の注目度では滝沢が上。もし共演したら、完全に食われてしまいます」

 滝沢といえばウクライナ人の父を持つハーフタレントで、日本育ちでありながら日本語が大の苦手。昨年放送のバラエティーでは、90年代に大流行したパズルゲーム「テトリス」について、

「棒状の棒を集めて‥‥」

 と独特すぎる表現を披露して、共演者の明石家さんま(62)を大爆笑させた。

 二人の天然キャラについて、鈴木を「庶民的田舎者おバカ」、滝沢を「天才と紙一重的おバカ」と仕分けるのは織田祐二氏だ。続けて、両者のテレビ出演時間を分析するには、

「一時は月に60時間以上出演していた鈴木ですが、このところは20時間程度で、やや飽きられてきた印象も。対する滝沢は今年に入って月30時間以上をキープし、テレビ露出は今後ますます増えそうな勢いです」

 人気急上昇中の滝沢を鈴木が避けるのは、こんな“大人の事情”もあるようで‥‥。

「鈴木はズケズケものを言うタイプで、ライバル関係にある滝沢に何を言うかわからない。滝沢は売れっ子を多く抱える大手事務所に在籍し、もし彼女を怒らせたらどんな圧力にさらされることか‥‥。鈴木の所属事務所は規模も小さく、稼ぎ頭の鈴木がコケたら大ピンチ。危なっかしくて見ていられませんよ」(芸能プロ関係者)

 実際、これまでの二人の仕事をチェックしたところ、全国放送での共演歴は確認できなかった。両者の相いれない関係は今後も続きそうで、

「割のいいCMの仕事をバンバン入れたい滝沢サイドとしては、おバカキャラはまだ許せても下ネタだけは厳禁。鈴木との共演についても『あんな下品なのと一緒にされたくない』と、同じポジションで画面に映るのを敬遠しているんです」(芸能プロ関係者)

“美女二人を隔てる”バカの壁は予想以上に厚かった。

アサ芸プラス

「鈴木奈々」をもっと詳しく

「鈴木奈々」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ