文春野球「コミッショナーだより」5月号

5月7日(月)22時0分 文春オンライン

 こんにちは。文春野球のコミッショナー村瀬です。開幕から1カ月、プロ野球のペナントレースと同様、2年目の“文春野球”も初っ端から熱戦が続いております。


 おしらせです。文春野球のTwitterアカウントからはサンリオの「いちご新聞」呼ばわりされるこのコミッショナーだよりではありますが、月に一度ペナントの戦いを振り返ると共に個人タイトル各賞の発表や公示などを地道にしていきます。回覧板ぐらいの重要度です。主役は選手たちです。


 それではとっとと参りましょう。今月のおしながきです。


1、3・4月期の総評

2、3・4月期の個人タイトル

3、「文春野球フレッシュオールスター2018」のおしらせ

4、イベント開催決定


セ・リーグ「無敵艦隊巨人軍、ついに首位陥落」


 それでは3・4月期の総評です。まずはセ・リーグから。


1位 ヤクルト  17200HIT

2位 巨人    11521HIT

3位 横浜DeNA  8637HIT

4位 中日     5226HIT

5位 広島     5195HIT

6位 阪神     2929HIT

(4月30日現在)


 開幕戦から首位に立ったのは、昨年独走優勝を果たした巨人。今年も一度も首位から落ちることなく10月まで走るのかと思われました。しかしこの進撃を止めたのが“打倒死亡遊戯”を旗印に強力なメンバーを集めた東京ヤクルト。昨年まで監督を務めた真中満さん、同一軍投手コーチを務めた伊藤智仁さん、終身名誉チアとして動画までぶっ込んできた松嵜麗さんらのコラムは3000HITを上回る破壊力。その上、決定打となったのが長谷川監督による文春野球史上最高HIT数、24時間で6098HITを記録した 『4.19広島−ヤクルト戦 ビジパフォ席で私が目撃した「あるトラブル」』 。このコラムで宿敵巨人を逆転すると、そのまま5000HIT以上を引き離し、東京ヤクルトが単独首位に立つ波乱の幕開けとなりました。


 そのヤクルトに水をあけられたのが、不敗神話を継続してきた巨人。しかし今年も優勝候補にかわりはありません。さわるもの皆焼き払うプロ野球死亡遊戯監督のHIT乱れ打ちは今季も止まらず、対戦では開幕から負けなしの3連勝と走ります。さらに今季はチームメートに謎の覆面G‐マスク、元敏腕新聞記者のKameyamaさんが参戦。4月8日の初登板 『菅野智之大谷翔平に2倍以上の大差をつけている記録とは?』 はその後も票を伸ばし続け、現在3200HIT越え。その2日後には“史上最速の巨人ファン”元陸上五輪代表の横田真人さんの 『「足にスランプはある」巨人ファン最速の男・元陸上五輪代表が明言』 が初コラム執筆にも関わらず1000HIT越えと健闘しました。


 3位は横浜DeNA。高森新監督の初登板となる 『まるで経営者 DeNA・筒香嘉智の知られざるリーダーシップ』 でヤクルト長谷川監督から開幕戦勝利を挙げると、4月10日には京急の魔女・西澤千央さんが 『DeNA井納翔一は「炭坑のカナリヤ」だった』 で3000HIT越えと、今季も存在感は抜けています。いぶし銀の活躍を見せたのが黒田創さん。 『ベイスターズと新潟とNegiccoの深い関係』 で隠し切れないNegicco愛をぶちまけ、前日に松嵜麗さんが初登板したこともあってか「今季の文春野球はそっちに行くのか」とざわつきました。そして4月22日には代打の凡人太郎さんが西澤さんと同じ井納をテーマに初登板。1300HITと実力を見せつけました。


 4位は中日ドラゴンズ。大山新監督の開幕戦初登板コラム 『圧倒的Bクラス予想の中日 “史上最弱“からの逆転ストーリー』 の熱すぎる激はあのヤフコメに賞賛コメントが並ぶほど、多くのドラゴンズファンの心を打ちました。そして続く4月7日、ゴールデンルーキーCBC若狭敬一アナウンサーの初登板コラム 『ドラ1から打撃投手に 中日・野村亮介が体験したもう一つの「開幕1軍」』 で、昨年の開幕から一度も首位を明け渡さなかった巨人をはじめて抜き、一時首位を奪取。同じくヘンリー鈴木さんも 『中日のルーキー鈴木博志は、与田、森田の系譜を受け継ぐ本格派』 で初登板。代打にはカルロス矢吹さんが登場して堂上直倫への愛を歌い上げ、初勝利を挙げています。


 5位は広島東洋カープ。思えば、杉作監督の開幕戦コラム 『内川の笑顔で涙腺決壊 広島CS敗退の無念にやっと向き合えた日』 から今季のカープは凄いことになるという空気がぷんぷん漂ってきました。元甲子園球児にして南海放送の不動明王・藤田勇次郎さんの 『「英語は苦手です」 広島・アドゥワ誠がみんなに愛される理由』 。イラストレーターにして高校の倫理教師オギリマサホさんの快作 『広島・菊池涼介の「帽子のつば真っ平ら問題」を考える』 。アニメーターであり漫画家の石田敦子さんによる 『さらばタクローコーチ、さらば河田コーチ、さらば盟友の日々よ』 。実家は赤井錦鯉センター、ガイナックス赤井孝美さんの 『堂林翔太と、広島カープの「マイ王子」たちに愛をこめて』 と、個性と武器と鯉への思い入れが際立った強力打線は今後の台風の目になっていくでしょう。


 そして6位の阪神。昨年担当した山田隆道さんが「関西では周りに阪神情報が多すぎてなかなかHITを押すアクションまで辿り着かない」と分析していたように、今シーズンもHIT数の面では引き続き厳しい戦いになりそうです。しかし、コラムの内容では負けていません。開幕のメッセンジャー、悩めるロサリオをテーマにしたMBSタイガースレポーターの市川いずみ監督、石崎剛、岩貞祐太をテーマにした“ナニワのれいちゃま”ことスポニチの遠藤礼記者の“現場の生の声を拾える”強力ツープラトンに加え、東京で虎軍奮闘するマツモトマイさんの 『阪神・藤浪晋太郎は“ただのガラス”で終わらない』 は情緒に訴える心に残るコラムでした。阪神ファンの皆さま、“HIT”という機能があることをお友達にも是非教えてあげてくださいね。



パ・リーグ「現役選手と新鋭コラムニストの戦い」


 続いてパ・リーグです。


1位 北海道日本ハム 7429HIT

2位 千葉ロッテ   5053HIT

3位 オリックス   3940HIT

4位 ソフトバンク  2859HIT

5位 東北楽天    2474HIT

6位 埼玉西武    2164HIT

(4月30日現在)


 幸先よく首位に立ったのは北海道日本ハムファイターズ。えのきど監督の4月4日 『ボッコボコの日本ハム 僕は石川直也を絶対、見捨てない』 同14日の 『大暴れ、ファイターズ清水優心に本当に期待したいこと』 など、期待の若手選手をやさしく、時に厳しく見守るえのきど節は今季も健在。さらに開幕戦 『日ハム記事のスクラップがやめられなくて35年続ける女性の、新たな開幕!』 で見せたような“レアハム”関係者の登場も今季は多くみられるかもしれません。そして、えのきどさんがパートナーに選んだのが地元北海道HBCラジオ「ファイターズDEナイト!!」の斉藤こずゑさん。先日行った新人王候補のアンケートではパ・リーグトップの得票数を得た期待のルーキーは、4月18日の初登板 『日本ハム・鶴岡慎也に言いそびれていた「おかえりなさい」の言葉』 で2000HIT越え。4月27日には代打近澤浩和さんが登場。 『清宮幸太郎の「プロ1号、2号」 鎌ヶ谷のファンが騒がなかった理由』 で、2位につけるロッテ蜂須賀大六さんとの代打対決に競り勝ちました。いきなり鈴木大地選手を代打に起用した千葉ロッテ、真中・伊藤智仁さんらが並ぶヤクルトに対し、「シーズン中に新しい書き手を発掘する」とチーム方針を示すえのきど監督。その発掘手腕にも注目です。


 2位は昨年優勝の千葉ロッテ。梶原監督はチームメイトに謎の覆面マスクマン3人を率いて挑んだ今季、開幕早々にビッグサプライズを起こします。4月5日、最初にマスクを脱いだのは、なんとマリーンズの鈴木大地選手。 『開幕3連戦を終えて ロッテ・鈴木大地の想い』 と題したコラムで、世間をアッと言わせました。いや、オフシーズンや日本シリーズ終了後ならスポーツ新聞で読んだこともあるんですが、開幕3連戦後のコラムはおそらく史上初。24時間で2416HIT。さらに当日の試合では4安打と大爆発し、“打ちマクレ”とばかりに一日で2420HITを打ってしまった稀代の選手となりました。さらに現在に至っても3400HITを越えてまだまだ伸び続けているほどインパクトを残したこのコラム。「活躍してくれてよかった」と安堵する一方で、梶原監督はこの先どんな戦術を用意しているのか、戦慄せずにはいられません。しかしその一方で、大地ショックの反動か、梶原監督のコラムでは昨年よりもHIT数が伸び悩んでいます。5月に入り3位まで後退するも「今はこの位置でいいです。計算通り!」とほくそ笑む梶原監督。今後の動きに注目です。


 3位はオリックス。2年目となるMEGASTOPPERのDOMI監督の下、神戸大学教授の木村幹さん、元スタジアムアナウンサーの堀江良信さん、元BsGirlのRISAさんという個性豊かな面々が集い「絶対優勝」を掲げる今季。4月21日には大阪・長堀橋で決起集会イベントを行うなどチームワークは抜群です。DOMI監督の開幕戦コラム 『あえて宣言しよう オリックスの戦力は“12球団トップ“である』 でファンを煽れば、すかさず木村教授が 『あえて言う、オリックスは先発投手の替え時を間違っていないか』 で開幕から調子の上がらないバファローズの問題点を提起する。堀江さんは 『君はオリックスの「スタメン発表映像」を見たか』 でスタジアムの舞台裏を抉れば、RISAさんは 『ダル、大谷に続くか……オリックス高卒2年目・山本由伸の飛躍』 で初勝利を挙げ、勝利のダンス。5月に入り首位争いに顔を出してきたこのチーム。一体、なにをやってくるのか目が離せません。


 4位は福岡ソフトバンク。新監督に“歩く鷹の大百科”こと田尻耕太郎さんを迎えたことで、優勝以外は許されないと期待を背負う今季。そのメンバーも福岡ドームを知り尽くす“5番ゲートのアジテーター”RKBラジオのレポーターの加藤淳也さん、書いてしゃべって、その上投げられるタレントの上杉あずささん。そしてホームランだけを狙うためにDHとなった昨年担当の松中みなみさんという大砲を携え、ペナントに突入。開幕戦で田尻監督が 『川﨑宗則は「引退」じゃない 「野球から距離を置く」の真意とは』 でいきなり首位に立つも、その後はなかなかHIT数が伸びず苦戦を強いられています。しかし、4月25日ヤフオクドームでの始球式で100㌔を投げる為にトレーニングに明け暮れてきた上杉さんのノンフィクション挑戦記 『ドジな私がヤフオクドームの始球式で100キロに挑戦したワケ』 (4月29日)などは傑作でした。今月未登板だったDH松中さんの登板も含め、これからの巻き返しに期待します。


 5位には東北楽天。前評判の高かった昨年3位のかみじょう監督率いる文春野球のイーグルスは、同じく前評判の高かった今季のイーグルスと同じように開幕から調子が上がらず苦戦を強いられています。パートナーに選んだRakuten.FM TOHOKUの“おにぎりDJ”河内一朗さんは、4月19日の 『岡島、銀次……楽天選手の震災への想い 「がんばろう東北シリーズ」の舞台裏』 などテーマに連動した動画を駆使したコラムで勝負。“ほぼ中の人”である武器を活かせるのが強みです。かみじょう監督も 『35歳でコーチに就任した楽天・塩川達也コーチの秘密』 (4月13日)、 『もし、伝説の阪急ブレーブス応援団長が楽天を応援したら』 (4月28日)で見せる独特の視点と語り口は今年も健在。実際のイーグルスの調子が上がれば順位も自ずと上がってくるはずです。


 6位は埼玉西武。2年目の中川充四郎監督は、パートナーにライオンズ公式本などで執筆する上岡真里江さんを指名して挑みます。「代打は使わず、2人で交互に一年間コラムを地道に積み重ねていく」という方針の下、長年の蓄積と辻監督をはじめ多くの人脈を持つ充四郎監督と、今のライオンズを実直に伝える上岡さんが融合したスタイルで上位進出を狙います。その上岡さんは 『開幕3連勝の西武 飛躍のキーマンはセットアッパー平井克典だ』 (4月3日) 『「真の西武の4番」へ 山川穂高は中村剛也を超えられるか』 (同18日)で実力の片鱗を見せています。山賊打線を擁する実際のライオンズは開幕から絶好調であることも手伝って、HIT数も徐々に上昇。5月には4位まで上がってくるなど、まだまだ勝負はこれからです。



2、3・4月期 個人タイトル


3・4月期 最優秀コラム賞


4月22日 『4.19広島−ヤクルト戦 ビジパフォ席で私が目撃した「あるトラブル」』

東京ヤクルトスワローズ 長谷川晶一


 4月19日のマツダスタジアム三塁側ビジターパフォーマンス席で起きた「あるトラブル」。騒動を現場で目撃した長谷川晶一さんが、「その時何が起こったのか」目撃した事象をつぶさに観察し、関係者・球団への取材を行いながら、客観的に事実のみを伝える冷静な筆致で問題点を浮き彫りにさせた原稿は、プロのノンフィクションライターの仕事だったと評価します。満場一致で今月の最優秀コラム賞です。


3・4月期 ベストゲーム賞


4月5日「千葉ロッテ(鈴木大地) 2716ー 660 オリックス(木村 幹)」


 文春野球初登場となった両者の対決は、結果こそ大差がついてしまいましたが、現役選手vs大学教授という今季の文春野球ならではの顔合わせの妙味を味わえる一戦となりました。特に敗れた木村教授は初登板でいきなり現役選手と対戦させられるという理不尽の中、自分の持ち味を活かした見事なコラムで善戦。現役プロ野球選手とコラムで対戦したはじめての大学教授という栄誉を手にしました。


3・4月期 首位打者

【打率=HIT数÷PV数(記事が閲覧された数のうち何割がHITを押したか)】


セ・リーグ打率五傑(4月30日現在)

1位 .243 伊藤智仁(ヤクルト)

2位 .240 西澤千央(横浜DeNA)

3位 .185 真中 満(ヤクルト)

4位 .169 高森勇旗(横浜DeNA)

5位 .163 若狭敬一(中日)


パ・リーグ打率五傑(4月30日現在)

1位 .297 鈴木大地(千葉ロッテ)

2位 .287 斉藤こずゑ(日本ハム)

3位 .200 えのきどいちろう(日本ハム)

4位 .194 田尻耕太郎(ソフトバンク)

5位 .171 RISA (オリックス)


3・4月期の首位打者は

セ・リーグ 伊藤智仁(東京ヤクルト)

パ・リーグ 鈴木大地(千葉ロッテ)


3・4月期 本塁打王

【本塁打=記事1本あたりのHIT数】


セ・リーグ

1位 7595 長谷川晶一(ヤクルト) 『4.19広島−ヤクルト戦 ビジパフォ席で私が目撃した「あるトラブル」』 (4/22)

2位 3603 松嵜 麗(ヤクルト) 『声優・松嵜麗は、なぜ福岡出身なのにヤクルトファンになったのか』 (4/25)

3位 3470 真中 満(ヤクルト) 『真中満前監督がヤクルトを「4位」と予想した根拠』 (4/8)

4位 3196 西澤千央(横浜DeNA) 『井納翔一は「炭坑のカナリヤ」だった』 (4/10)

5位 3047 Kameyama(巨人) 『菅野智之が大谷翔平に2倍以上の大差をつけている記録とは?』 (4/8)


パ・リーグ

1位 3395 鈴木大地(千葉ロッテ) 『開幕3連戦を終えて ロッテ・鈴木大地の想い』 (4/5)

2位 2618 えのきどいちろう(日本ハム) 『ボッコボコの日本ハム 僕は石川直也を絶対、見捨てない』 (4/4)

3位 2173 斉藤こずゑ(日本ハム) 『日本ハム・鶴岡慎也に言いそびれていた「おかえりなさい」の言葉』 (4/18)

4位 1256 田尻耕太郎(ソフトバンク) 『川﨑宗則は「引退」じゃない 「野球から距離を置く」の真意とは』 (3/30)

5位 1016 DOMI(オリックス) 『あえて宣言しよう オリックスの戦力は“12球団トップ”である』 (3/30)


3・4月期の本塁打王は

セ・リーグ 長谷川晶一(東京ヤクルト)

パ・リーグ 鈴木大地 (千葉ロッテ)


3・4月期 勝利数

【勝利=対戦における個人の勝ち星】


セ・リーグ

1位 3勝 プロ野球死亡遊戯(巨人)

2位 1勝 真中 満(ヤクルト)

     伊藤智仁(ヤクルト)

     松嵜麗(ヤクルト)

     高森勇旗(横浜DeNA)

     西澤千央(横浜DeNA)

     黒田 創(横浜DeNA)

     大山くまお(中日)

     若狭敬一(中日)

     カルロス矢吹(中日)

     藤田勇次郎(広島)

     オギリマサホ(広島)


パ・リーグ

1位 3勝 かみじょうたけし(東北楽天)

2位 2勝 えのきどいちろう(日本ハム)

     田尻耕太郎(ソフトバンク)

3位 1勝 斉藤こずゑ(日本ハム)

     近澤浩和(日本ハム)

     DOMI(オリックス)

     堀江良信(オリックス)

     RISA(オリックス)

     鈴木大地(千葉ロッテ)

     加藤淳也(ソフトバンク)

     河内一朗(東北楽天)


3・4月期の最多勝利は

セ・リーグ プロ野球死亡遊戯(巨人)

パ・リーグ かみじょうたけし(東北楽天)


 以上になります。受賞された皆さまおめでとうございます。

 熾烈な個人タイトル争いにもご注目ください。



3、『文春野球フレッシュオールスター2018』のおしらせ


 さて、先日の号外でもおしらせしましたが、「文春野球フレッシュオールスター2018」を、今年も7月12日(木曜日)に行われるプロ野球フレッシュオールスターゲーム2018に合わせて開催致します。


 この企画は、明日の野球コラム界を担うライターを発掘すべく、広く在野に才能を求める公募企画です。文春野球、もしくは野球コラムを書いてみたいけれど、発表する場所に恵まれないと嘆いているプロの書き手の方や、野球コラムニスト志望のあなた。さらには野球コラムなんて書いたことないけれど才能を眠らせたままバイトに明け暮れているあなた。文春野球フレッシュオールスターでデビューのチャンスを掴んでみませんか?


 今季の募集要項は以下の通りです。


【文春野球フレッシュオールスター2018】

・年齢・性別・職業・経験は一切問いません(昨年掲載された方も参加できます)。

・プロ野球の特定のチームにまつわるコラムであればテーマは自由

・文字数は約2000文字

・締め切りは6月15日(金)

・「お名前(ペンネームも可)」、「年齢」、「テーマとするチーム」を明記


採用枠 イースタン・ウエスタン各2~5名(作品による)

賞   MVP、優秀選手賞ほか(入賞者は作品とともにサイトにて発表させていただきます)

応募先 baseball.fresh-g@bunshun.co.jp

「文春野球フレッシュオールスター係」


 来たれ明日の野球コラムニスト「文春野球フレッシュオールスター2018」。明日の野球コラム界を変えるのはあなたです。ふるって、こぞって、ご応募ください。


 尚、4月22日〜5月4日までの間に応募いただいた方は、メールアドレスに不具合があり受信されなかった可能性があります。お手数ではありますが、念のためにもう一度お送りいただければと思います。ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。


4、イベント 7月12日『文春野球コラム2018 前半戦を振り返る』開催決定


 今年もやります。プロ野球オールスター開催前日の7月12日(木曜日)19時30分より、渋谷LOFT9Shibuyaで文春野球コラムペナントレース2018のイベントを行います。文春野球の各球団コラムニストが登壇し、ここまでの戦いを振り返り、今だから言えるあのコラムの裏話、ライバル球団への質問など、筆をマイクに持ち替えて激論をかわします。


OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2,500 / 当日¥3,000(税込・要1オーダー500円以上)

前売券など詳細は後日発表


 以上、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより5月号でした。5月の対戦日程とコラムニストの予告先発も更新されています。トップページ下、スコアボードにある 「日程表を見る」 からご確認ください。


 5月29日からは「セ・パ交流戦」がはじまります。今年も昨年の交流戦同様“指名対決制度”を取り入れる予定です。そちらもお楽しみに。それではまた来月のコミッショナーだよりでお会いしましょう。引き続き文春野球をよろしくお願い致します。



(村瀬 秀信)

文春オンライン

「コミッショナー」をもっと詳しく

「コミッショナー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ