伊野尾慧&戸塚祥太、エイリアンの兄弟に 新ドラマ7月スタート

5月7日(月)17時0分 クランクイン!

新ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』に出演する伊野尾慧と戸塚祥太(C)NTV・JS

写真を拡大

 Hey! Say! JUMPの伊野尾慧とA.B.C‐Zの戸塚祥太が、7月にスタートするドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』(日本テレビ/毎週月曜24時59分)に出演することがわかった。2人は「地球移住計画」調査のために東京へやって来たエイリアンの兄弟を演じる。 本作は、「月刊!スピリッツ」(小学館)に連載された真造圭伍の人気コミックを、監督・小説家としても活躍する片岡翔がドラマ脚本化。2020年、オリンピックを間近に控える東京を舞台に、2人の宇宙人兄弟のトーキョー探訪と人間交流記をポップに描く。

 東京に暮らすリア充大学生…に見える冬ノ介(伊野尾)のもとに突如現れた「地球外生物」。彼は冬ノ介の兄であるエイリアンだった。冬ノ介は兄に「夏太郎」という名前を与え、「地球移住計画」へ向けた現地調査を行う。計画の発動条件として冬ノ介に課せられたミッションは、未知なる生物・人間を学び、夏太郎に仕事と恋人をゲットさせることだった…。

 弟・冬ノ介役を演じる伊野尾は「久しぶりのドラマ出演で、プレッシャーもありますが、なによりお芝居ができる事が嬉しいです。加えて、とっつー(戸塚)との共演という事も驚きました。ジャニーズJr.の頃に同じグループだった事もあったので不思議な感じがします」とコメント。「人間ではない生物を演じる難しさもありますが、日常ではできない、本当に驚くようなシーンも多いので撮影が楽しみです」と期待を語った。

 一方、兄・夏太郎役を演じる戸塚は、「映像作品のお仕事をしたいと強く思っていたので、決まった時はとても嬉しかったです」と喜びを露わにしつつ、「エイリアンブラザーズが過ごす地球でのありふれた日常を通して、観ている人の心が温かくなったり、ちょっと切なくなったり、人間らしさを感じてもらいたいです」と作品をアピールしている。

 ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』は日本テレビにて、7月23日より毎週月曜24時59分放送。

クランクイン!

「エイリアン」をもっと詳しく

「エイリアン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ