二宮和也の“目だけで”演技する姿に絶賛の声 『ブラックペアン』第3話

5月7日(月)11時36分 クランクイン!

『ブラックペアン』舞台挨拶にて クランクイン!

写真を拡大

 嵐の二宮和也が主演するドラマ『ブラックペアン』(TBS系/毎週日曜21時)の第3話が6日に放送され、二宮が手術シーンで見せる、目だけで演技をする姿に「今日の渡海先生は、目。目の演技が全て。ゾクゾクする」「渡海先生、怖かっこいい」と大きな反響が集まった。 外科学会理事選を控え、“インパクトファクター”が欲しい西崎教授(市川猿之助)は、高階(小泉孝太郎)にスナイプ手術を成功させ、論文を完成させることを強く臨んでいた。一方、後がなくなった高階は焦りを感じていた。そんなとき、東城大に二人の患者が入院してくる。一人は、渡海と世良(竹内涼真)が担当することになった楠木秀雄(田崎伸也)。楠木は、佐伯教授(内野聖陽)による佐伯式手術を受けることが決まっていた。もう一人は、治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)が紹介した患者で、厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(高地優吾)で、スナイプ手術を希望していた。

 VIP患者のスナイプ手術ということもあり、高階は並々ならぬ意気込みを見せるも、隼人の心臓の構造に問題があることが発覚する。高階は断腸の思いでスナイプ手術を諦めることを、佐伯教授に告げると、佐伯は渡海にスナイプ手術を行うよう命令する。

 今話でも、数々の印象に残る暴言を吐きまくった二宮。中でも、高階が渡海のことを「ただの手術職人だ」と評した際に、渡海が放った「そんなに褒められたら照れちゃうよ」というセリフには、「破壊力が凄すぎる」「天才だと思う」「素晴らしすぎて死んだ」といった声が殺到した。

 また、そんなクールな演技を見事にこなす二宮にも絶賛の声が集まっている。呪術のシーンではマスクと手術着で顔のほとんどが隠れてしまう。そんな中、目だけで見せる二宮の演技に「目で演技する二宮くんの才能がこれほどまでに光る作品はあっただろうか……まじで才能のカタマリ……」「手術中は主に左眼(の涙袋)で演技してオペ室の外では右口角で微笑む渡海先生、天才すぎないか…?顔しか見えないシーンが多い中で、さらに左右で演じ分けてる…」などのコメントが寄せられていた。

クランクイン!

「二宮和也」をもっと詳しく

「二宮和也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ