健太郎、オタク系メガネ男子に 『ルームロンダリング』新場面写真到着

5月7日(月)19時0分 クランクイン!

『ルームロンダリング』に出演する健太郎(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

写真を拡大

 池田エライザが主演を務める映画『ルームロンダリング』から、主人公の隣人役を演じた健太郎の新場面写真が到着した。メガネをかけた姿からは、物静かな佇まいが伝わってくる。 映画『ルームロンダリング』は、ひょんなことから訳あり物件に自分が住むことで、“物件を浄化する”アルバイトをすることになった天涯孤独の八雲御子(池田)が、個性豊かな幽霊たちと奇妙な共同生活を送る姿を描いたヒューマンファンタジー。

 本作で健太郎が演じるのは御子の隣人・亜樹人。亜樹人は隣に越してきた御子に、最初は話しかけることさえままならず、バイト先に現れた御子を見るだけでオドオドしてしまうという少し“コミュ障気味”な青年。しかし、あるミッションを果たすために御子と少しずつ距離を縮めていき、いつしか二人の間には固い絆が芽生える。やがて、亜樹人の御子への気持ちは淡い恋心へと変わっていく。

 健太郎は、14歳でモデルデビュー後、2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち』(フジテレビ系)で俳優デビュー。2017年には『デメキン』で暴走族の総長を演じ映画初主演を飾った。10月から始まる新ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)では、主人公の相棒役を演じることが決定している。

 本作では、物静かでどこかオタク気味なキャラクターを演じている健太郎。解禁された2枚の場面写真には、メガネをかけて俯き、冴えない表情を見せる姿と、バイト先で真面目に働いている様子が収められている。これまでの健太郎のイメージとは違う、新しい一面が垣間見られるビジュアルとなっている。

 映画『ルームロンダリング』は7月7日より全国公開。

クランクイン!

「メガネ」をもっと詳しく

「メガネ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ