セリーヌ・ディオン×デッドプールがまさかの共演! コラボMV公開

5月7日(月)20時15分 クランクイン!

セリーヌ・ディオン、最新ミュージック・ビデオ『アッシュズ』でデッドプールと共演(C)Denise Truscello

写真を拡大

 6月に東京ドーム公演を行う歌手のセリーヌ・ディオンが、異色ヒーロー映画の続編『デッドプール2』にオープニング楽曲を提供した。公開されたミュージック・ビデオでは、壮大なバラード楽曲を歌い上げるセリーヌとデッドプールが共演を果たしている。 6月26日に10年ぶりとなる東京ドーム公演が決定し、5月30日には今回の来日を記念したベスト・アルバム『ザ・ベスト・ソー・ファー…2018ツアー・エディション』をリリースする世界的歌姫セリーヌ・ディオン。1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』は、日本でも大ヒットを記録した。

 そんな彼女が、過激なアクションやギャグ満載のヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2』のオープニング・テーマ『アッシュズ』を発表。この曲は彼女の1年2ヶ月ぶりの新曲で、美しく力強い歌声が堪能できる壮大なバラードに仕上がっている。

 今回、公開されたミュージック・ビデオは、彼女がこれまで1000回以上のショーを行ってきたラスヴェガスのシーザーズ・パレスで撮影され、デッドプール役のライアン・レイノルズとも共演が実現した。

 ミュージック・ビデオでは、豪奢なコンサートホールのステージで一人、ドレスに身を包んだセリーヌが朗々と歌い上げる姿にフォーカス。優美な楽曲の雰囲気に沿った流れるようなカメラワークで彼女の表情を捉えながら、映画本編の映像もインサート。そんな中、カメラの前にデッドプールが登場。おなじみの赤いスーツと、足元には黒いハイヒールを身につけた彼が艶かしいダンスを披露し、セリーヌの歌声との異色コラボを果たしている。またビデオの最後には、デッドプールとセリーヌの会話も描かれており、映画本編さながらのジョークで見事にオチをつけるという内容になっている。

 セリーヌ・ディオン来日記念最新ベスト・アルバム『ザ・ベスト・ソー・ファー…2018ツアー・エディション』は5月30日より国内盤発売・配信開始。国内盤は2形態同時リリース。初回限定<セリーヌ・ディオン・ロゴ・ハンカチ付き>デラックス盤は税込3,000円(税込)。通常盤は2500円(税込)。
 映画『デッドプール2』は6月1日より全国公開。

クランクイン!

「デッドプール」をもっと詳しく

「デッドプール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ