注目ワードトランプ大統領・会談 アメリカンフットボール・日大 日本大学・アメフト 告別式・西城秀樹 大谷翔平・エンゼルス 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

Vol.2 — “カムバック”2PM「本物の男に成長しました」

Kstyle5月7日(火)10時54分

「歓迎光臨(ファンインクヮンリン)、2PM!」(ようこそ、2PM!)



先月18日、中国の大型イベント会場である北京中央美術館のメインステージに美人MCの声に合わせて“2PM”が登場した。ヒット曲「Hands Up」と中国語の曲「Shining in the Night」を歌い、雰囲気を盛り上げた。



2PM、海外での人気は実に驚くべきものだった。前日、中国の首都空港には、入国する2PMを見るために1,500人あまりのファンが押し寄せた。ホテルの前ではメンバーたちを見るために徹夜が続いた。



会場も同じだった。早朝から応援メッセージが書かれたボードを掲げるファンたちで、黒山の人だかりができた。むしろ、短いステージと簡単なインタビューでしか応えられない2PMの方が、さらに申し訳なさそうな姿だった。




このような人気を予想はしていたのだろうか。楽屋で会った2PMは、感謝の気持ちを伝えた。



「色んな国を回りながら現地の人たちに出会い、その国の文化も体験します。そうしながら気づくのは、僕たちがどれほど愛されているか、そしてどれほど運がいいかです。いつも不思議です。本当に感謝している部分です」




この日のイベントは約1時間30分ほど遅れて始まった。自ずと2PMの待ち時間も長引いた。予想しなかった待ち時間、束の間を利用し、メンバーたちとプライベートな話を交わした。もし韓国だったなら、このような空いた時間をどのように利用するのかを尋ねた。



「実は、スケジュールがなくても次のスケジュールの準備で忙しいです。それでも暇があれば、皆で一緒にご飯を食べて、カフェに行きます。男6人でです」(Jun. K)



「本当におかしいのは、僕たちの行くカフェが本当に可愛いカフェだということです。そんなところに男同士が集まっているなんて、違和感があるでしょう? 周りは皆カップルばかりなのに……」(チャンソン)



「昨年9月、メンバーたちが皆オフの期間だったんです。時間がちょうど合ったんですが、その時皆で一緒にスキーに行こうと言いました。実行には移せなかったんですが、今年の冬には絶対行こうと思います」(ウヨン)




オフもメンバーたちと一緒に過ごす2PM。それぞれ親しい芸能人はいないのだろうか?



「僕の場合は(キム・)テウさんや(キム・)ジョハン先輩にたまに会います。音楽面で色々アドバイスしてくださる、素敵な方々です。居酒屋で一緒に話したりします。一度、テウさんに人でいっぱいの居酒屋で歌わされて、その場で歌ったこともあるんですよ。ハハハ」(Jun. K)



「芸能人の友達はいません。連絡をとり続けるのが簡単ではないからです。『いつか一杯やりましょう』と言ってはスケジュールに押されて1年が過ぎてしまいます。だから親しい芸能人がいなくもなるはずです。結局は、ネットの友達だけです」(ジュノ)




それでは、2PMの中でSNSが一番得意なメンバー誰だろうか。最も友達の多いメンバーを聞くと、口を揃えて“ニックン”と答えた。



「ニックンのSNSの人脈って、すごいんです。なんと、エリック・ベネイとも知り合いななんです。メンバーの僕たちから見てもすごいと思います」(テギョン)



「韓国を訪れる海外スターの中で、僕たちを友達だと言ってくれる方もたまにいます。でも実は、ネットでの友達なんです。実際の面識はありません。ファンサービスのレベルではないでしょうか」(ウヨン)




2PMは、多くの海外スターたちとSNSで友達関係を維持している。それでは、反対に海外で経験した面白いエピソードはないだろうか? ニックンの故郷、タイで起こったショッピング事件は、皆忘れられない一件だ。



「タイで仕事がありました。実はスケジュールが詰まっているので、海外に行ってもどこかへ行くことはなかなかできません。でも一度、メンバー同士で現地のホテルと繋がっているショッピングモールに行ったことがあります。そこで、変装したつもりだったのですが、完璧ではなかったみたいで……。あまりショッピングもしてないのに、ファンの方々に囲まれてしまったんです。ホテルの入口を探して逃げました。でも、入り口が見つからないんです。同じ所を回って回って回って」(テギョン)




ファンに囲まれ大変な思いをしたという2PM。逆にファンとの良い思い出はなかっただろうか。Jun. Kとニックンには特に心に残るファンがいた。



「デビュー前に練習生期間が4年くらいありました。その中で本当に辛い時期があったのですが、僕の誕生日と重なったんです。実家は大邱(テグ)なのに、自分はソウルにいるし……誕生日が冬なので、本当に寂しくて憂鬱だったのですが、あるファンの方がわかめスープ(韓国では誕生日にわかめスープを食べる)とご飯を保温弁当に入れてプレゼントしてくれたんです。どれほど美味しかったことか。本当にありがたかったです」(Jun. K)




「タイのファンの中で、本当に特別な方がいます。タイでデビューしたときから僕を見に来てくれました。でもその方は、少し体が不自由なんです。松葉杖を使って歩かなければならないんです。でも、僕がどこに行っても、いつも見に来てくれます。さらには韓国のコンサートにまで。当時タクシーに乗っていらした姿を見たのですが、申し訳なくて、切なくて、ありがたかったです。40近い年齢の方なのですが、本当に力をくださるファンです」(ニックン)




メンバーたちも皆20代半ばになった。時には恋をしたくならないのだろうか。



「寝る前に寂しいと思ったりします。最近は春だから、季節のせいもあると思います。でも、思ったってどうしようもないです。スケジュールのせいで不可能ですから」(チャンソン、ジュノ)



「ありきたりな答えだと言われそうですが、まだ恋愛よりも音楽的な欲の方が大きいです。実は僕は女性にすべてをかけるタイプなのですが、今のスケジュールではおろそかになるしかないと思います。一つをやるとしても完璧にやらなければならないので、恋愛は当面難しいってことで〜。あ、もちろん、作詞や作曲は以前の経験や思い出を辿りながらやっています」(Jun. K)




2013年5月は、2PMにとって最も緊張する時期だ。長いブランクの末に戻ってきた6人の男たち。目標は立てたのだろうか? 隙間インタビューの最後の質問だ。



「5月には多くの歌手がカムバックします。おかげで、僕たちも一緒に注目されるのではないでしょうか? 『GROWN』、文字通り、本物の男に成長しました。長い間お待たせしました。飽きるくらい活動しますから。何卒〜」
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
日大アメフト会見の司会は「やらせ」?宮根誠司が指摘 まいじつ5月26日(土)10時1分
(C)まいじつ日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが開いた記者会見で、司会進行を務めた日大関係者の“塩対応”が各…[ 記事全文 ]
完全引退へ!小室哲哉が“負けを認めた”アーティストとは アサジョ5月26日(土)10時15分
1月の引退会見後も音楽活動を続けていた小室哲哉が、5月上旬から都内の病院で入院生活を送っていたことが明らかになった。「突発性難聴で片方の耳…[ 記事全文 ]
西城秀樹さん告別式に1万人 妻・美紀さんがファンに感謝「家族一同、助けられた」 オリコン5月26日(土)14時34分
今月16日、急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、享年・63)さんの告別式が26日の午前11時より、しめやかに営まれた…[ 記事全文 ]
NHK「チコちゃん」、大絶賛“着ぐるみ女児”の正体に視聴者が悲鳴! アサジョ5月25日(金)10時15分
4月からレギュラー放送が始まったクイズバラエティ番組「チコちゃんに叱られる!Don’tsleepthroughlife!」(NHK)が、世…[ 記事全文 ]
有吉ジャポン出演“かわいすぎる新世代女芸人”に反響 ナリナリドットコム5月26日(土)6時4分
“かわいすぎる新世代の女芸人”こと、お笑いコンビ・まちむすめが、5月25日に放送されたバラエティ番組「有吉ジャポン」(TBS系)に出演。「…[ 記事全文 ]

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア